自動車部品取引プラットフォームの「開思」:シリーズC1で約87億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自動車部品取引プラットフォームの「開思」:シリーズC1で約87億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動車アフターマーケット業界に向けて、補修用部品などの取引プラットフォームを運営する「開思時代科技(CassTime)」が、シリーズC1で8000万ドル(約87億円)を調達した。リード・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国)」と「源碼資本(Source Code Capital)」。開思は、自動車アフターマーケットにおけるAIとビッグデータを活用した自動車部品の検索効率と精度の向上、より高精度な部品マッチングメカニズムの構築等、技術インフラの構築を目標に掲げる。今後は対応する車両モデルとカテゴリーを増やし、市場の拡大を狙う。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録