BMW:EV化シフトの成果が見え始め、電気自動車の累計販売台数が50万台を突破

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

BMW:EV化シフトの成果が見え始め、電気自動車の累計販売台数が50万台を突破

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

12月19日、BMWグループは(EVやPHVなどの)電気自動車(EV)の累計世界販売台数が50万台を突破したと発表した。BMWグループのオリヴァー・ツィプセ(Oliver Zipse)CEOは、「2年以内」にEV100万台を販売することを目指すと述べている。
同社のEV化シフトは徐々に成果を上げ始めている。米EV系メディア「InsideEVs」の報道によると、2019年10月度、1万6565台のEVを販売したテスラ次いでBMWは第2位、1万3070台を販売した。BMWが以前発表したEV化戦略プロセスによると、同社は2030年までに全車種のEV化を実現する予定である。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手