BMW:EV化シフトの成果が見え始め、電気自動車の累計販売台数が50万台を突破

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

BMW:EV化シフトの成果が見え始め、電気自動車の累計販売台数が50万台を突破

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

12月19日、BMWグループは(EVやPHVなどの)電気自動車(EV)の累計世界販売台数が50万台を突破したと発表した。BMWグループのオリヴァー・ツィプセ(Oliver Zipse)CEOは、「2年以内」にEV100万台を販売することを目指すと述べている。
同社のEV化シフトは徐々に成果を上げ始めている。米EV系メディア「InsideEVs」の報道によると、2019年10月度、1万6565台のEVを販売したテスラ次いでBMWは第2位、1万3070台を販売した。BMWが以前発表したEV化戦略プロセスによると、同社は2030年までに全車種のEV化を実現する予定である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録