バイドゥ:厦門市と戦略的パートナーシップ締結、スマートシティ建設を促進

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

バイドゥ:厦門市と戦略的パートナーシップ締結、スマートシティ建設を促進

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

11月29日、中国IT大手のバイドゥ(百度)と福建省厦門市人民政府は戦略的パートナーシップ協定を締結した。両者は連携してAI、クラウドコンピューティング、高度交通システムなどコア技術を厦門市に導入し、同市のスマートシティ建設を促進させる。高度交通システム分野での連携では、バイドゥが同社の地図表示サービス「百度地図(Baidu Maps)」のデータ及び機能、AI技術オンラインプラットフォーム「百度大脳(Baidu Brain)」、ビッグデータ分析、自動運転、V2X(車車間・路車間通信)などの技術サポートにより、同市に適したカスタムメイドの高度交通管理ソリューションを提供する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録