テクノロジー

中国のスマート自動販売機はまるで55インチ画面のスマホ!

模块化结构、交互式广告,「友朋」希望把智能贩卖机变得更有趣

36氪曾详细梳理过自助贩卖机的市场空间:TechNavio 数据指出,美国自动贩卖机(VEM)和便利店的比例为 30:1,日本为 75:1。中国连锁经营协会的资料显示,国内便利店数量约为 9 万,对标美国,国内自动贩卖机数量应为 270 万台,对标日本,这个数字应该为 675万。但是中国自动贩卖机的实际数量是 20 万台,远未达到饱和。

市场上最大的自助贩卖机运营商是友宝,市场占有率 25%。不过一方面友宝也只有 5 万台机器,市场增量空间足够大;另一方面,随着互联网+,智能时代的到来,自助贩卖机也需要升级,变得更智能,更高效,这就给了新玩家机会。

模块化结构、交互式广告,「友朋」希望把智能贩卖机变得更有趣

友朋是一家来自深圳的智能贩卖机供应商,涉足软硬件研发、设计和机器生产,希望把这些零售终端做得更智能,更有趣。

友朋研发的机器和传统的自助贩售机有什么不同呢?

  • 传统机器采用 Windows 系统,友朋采用安卓 8 核系统,同时还具有 55 寸屏幕、语音识别麦克风、高清对焦摄像头。通俗来讲,这台机器就像一个放大版的智能手机。
  • 友朋可以通过一台设备主控六台附柜,这就降低了单台机器的生产成本,也降低了机器销售价格。运营商可选择一拖二,三个一组售价 29800 元。
  • 友朋开发了 DSP+DMP 广告交易平台,可与设备运营商进行广告分成没有用户靠近时,三台机器的屏幕可变成三屏联播的广告,有人靠近时屏幕自动变成商品展示界面。随着用户数据积累,和更多交互方式的开发,可比传统贩售机增加更多广告收入。
  • 传统贩卖机的结构受限于商品的体积、包装。友朋的机器采用插拔式货道,机器模块,云台和货道都能更换,可根据销售情况调整。模块化也降低了生产成本。

模块化结构、交互式广告,「友朋」希望把智能贩卖机变得更有趣

除了机器的设计和机构不同,友朋也比传统贩卖机多了更多玩法。实际上对于普通运营商来说,自助贩卖机的升级大大提高了运营效率,降低了管理成本。移动支付使现金结算的负担被减轻,后台云服务系统能让运营商同时远程管理多台设备,且随时获悉设备运行情况、商品销售数据。

而友朋在此基础上,还可以通过一些场景化应用和营销,延伸智能贩售机的消费场景和盈利方式。比如,开发小程序增加储值功能,还比如,通过连接手机终端和小程序,实现线上下单线下提货,人与人之间的社交赠饮等等。最主要的是,当智能贩售机成为一个连接线上线下的终端,那么附近用户的消费行为数据被积累下来,能为广告主提供更精准、商业价值更高的广告营销服务。

当然,实现这件事的前提是,能以运营商的身份,在大范围内形成设备网络。目前友朋只是供应商,给各地的运营商提供软硬件解决方案,每月机器的产量是 500-1000 台。未来友朋希望通过加盟、参股的模式,成为运营商。

——————————————————

AI翻訳で続きを読む
原文

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36氪(36kr.com)ではこれまでにも、自動販売機の市場について詳細な分析をしてきた。TechNavioのデータによれば、米国では自動販売機の台数とコンビニエンスストアの店舗数との比率が30:1、日本では75:1である。中国チェーンストア経営協会の資料では、中国国内のコンビニエンスストアの店舗数は9万店、アメリカの比率を当てはめるならば自動販売機の台数は270万台、日本での比率を当てはめると675万台あっていいはずだが、中国の自動販売機の台数は20万台と、飽和状態にはほど遠い状態である。

中国市場で最大の自動販売機運営事業者は「友宝(深圳友朋智能商業科技有限公司)」で、そのシェアは25%である。しかし見方を変えると友宝はまだ5万台しか設置していないとも言えるわけで、設置台数の伸びしろは大いにある。また「インターネット+」という国家戦略やスマート化の時代を迎え、自動販売機にもまたトレンドに合わせた機能アップが求められ、より高機能で効率の高い自動販売機へのイノベーションが新たな多くのビジネスチャンスをもたらす。

友朋は深圳にあるスマート自動販売機の供給業者で、ハードとソフトの開発、設計、さらには機器の生産まで手がけ、小売の最末端である自動販売機に新たな魅力を与えようとしている。

友朋の開発する自動販売機と従来型自動販売機との違いは?

従来型の自動販売機は Windows系をOSとして採用しているが、友朋ではAndroid8を採用している。また55インチのディスプレイ、音声認識用のマイク、高解像度カメラも搭載している。わかりやすく言えば、この自動販売機はスマートフォンを大型化したものとも言える。

友朋では1台の親機で6台の子機をコントロールする方式を採用して、1台あたりの生産コストを削減し、自動販売機の販売価格を低く抑えている。自動販売機事業者は1台の親機と2台の子機のセットを選択でき、3台1セットで、価格は29,800元である。

友朋では、DSP(Demand-Side Platform)+DMP(Data Management Platform)の広告プラットフォームを開発し、消費者が自動販売機を利用しようとしていない状況では3台のディスプレイを連動させた広告画面を表示させ、消費者が自動販売機に近づいたタイミングで、その自動販売機の画面を自動的に商品表示画面に切り替えることができる。また、消費者のデータを蓄積していくことで、よりインタラクティブなプラットフォームの開発を行えば、従来型の自動販売機と比較し大幅な広告収入の増収が見込める。

従来型の自動販売機の構造では限られた体積やパッケージの商品しか扱えなかった。友朋の自動販売機は着脱式の商品排出口を採用している。機器のモジュール化で商品格納部分や商品排出口の交換を可能にして、販売状況に合わせた調整が可能である。モジュール化によっても生産コストを削減している。

動販売機本体の設計や機構の違いの他に、友朋では従来型自動販売機にはなかった利用方法を提案している。一般の事業者に対しては、自動販売機のアップデートの効率を高め、管理コストを節減させる。モバイル決済方式の採用で現金集計事務の負担を軽減させ、クラウドサービスの活用で複数の自動販売機の遠隔管理を実現する。さらに、各自動販売機の稼働状況や商品の販売データをリアルタイムで管理ができる。

友朋は、このような基盤の上に、より利用シーンにフォーカスしたアプリケーションとマーケティングとを積み上げることで、スマート自動販売機の消費シーンを広げ、収益も拡大させる。例えば、スマホとミニプログラムと連動させて、支払いはオンラインで済ませ、商品はオフライン受け取ることも可能になり、SNSなどでメンバー同士が飲料などを贈り合うことも実現する。しかし、もっとも重要なことは、スマート自動販売機がオンラインとオフラインとを結びつける端末になることで、それによって自動販売機の近くにいる人の消費行動をデータとして蓄積した上で、クライアントに対してより精緻な商業価値の高い広告販売を実現することなのである。

もちろん、それを実現するための前提条件は、友朋がスマート自動販売機の事業者として自らの手で大規模なネットワークを構築することである。今のところ、友朋はスマート自動販売機の供給業者であって、各地の自動販売機事業者にソフト、ハード面でのソリューションを提供しているにすぎず、月産台数は500台から1000台だとされている。将来的には、友朋はフランチャイズや資本提携の方式によってスマート自動販売機の運営事業者になることを目指している。