[2017年9月版]Wechatミニプログラムのランキング

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

[2017年9月版]Wechatミニプログラムのランキング

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

小程序数据统计平台阿拉丁今日发布9月排行榜单。根据榜单,相对于8月上线的前100个小程序,一个月后出现了30位替代者:工具类占比30%, 零售类占比20%较Q2增加9%,内容、泛娱乐、生活服务基本维持在10%左右。小程序创业的垂直领域正如何原生APP一样越来越广泛:内容类、餐饮类、泛娱乐、旅行类、生活服务类、游戏类、公益类和体育类都有出现。据36氪了解,由于小程序开发成本低,大量开发者目前同时开发多个主打不同功能的小程序,甚至有的形成了几十上百规模的小程序产品矩阵。有的开发者将此前APP的综合功能拆分,一个功能开发一个小程序。比如小睡眠就是心潮科技中主打助眠的板块拆分而来。另一种类型,如朋友印象,做了匿名聊聊、朋友猜猜等一系列基于社交链病毒传播的爆款小程序。正类似于早期微信公众号发家时的情况,开发者在广撒网,赌能“中”多少个。一位开发者表示:小程序主打“即用即走”,这种轻属性决定了用户会对单点功能出现追捧,太复杂反而不容易成为爆款。

目前的小程序大体可分为两类:一类是本身有APP的大中型开发者,把此前的功能精简后放入小程序平台,比如摩拜单车、美团、58转转、京东购物;另有一类是在小程序平台上土生土长出的应用,因为模式不同于此前的原生APP,也被人称作“新物种”。

从目前呈现出的头部小程序来看,大部分“新物种”类爆款,天生具备社交基因,能直接借势微信群的传播逻辑。比如群应用、王者荣耀群应用、群里有事等工具类产品。

看上去零售场景令人趋之若鹜。微信生态此前就曾试水微商,彼时尽管没摸顺最适宜的路径,但也诞胜出“拼多多”这类社交+电商的玩法。而工具类依然是开发者集中涌入的垂直领域,不过工具类依旧面临着传统APP工具的老问题——变现。

值得关注的变化时,36氪接触的多家小程序团队都在近期拿到了早期融资,“5、6月份大家还在观望,7、8月份开始集中下手了。”

以下为阿拉丁小程序9月榜单及报告全文:

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

9月微信小程序榜单发布,什么涨什么跌?

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

本日、ミニプログラムデータ統計プラットフォームのアラジンは、9月のランキング表を発表した。それによると、8月に公表されたトップ100のミニプログラムと比較し、30のプログラムが入れ替わっていた。メッセンジャー関係が30%、小売関係が20%を占め第二四半期と比較して9%増加していた。またコンテンツ系、エンタメ系、生活サービスなどが10%程度を占めていた。

ミニプログラムの立ち上げ(事業化)という専門領域はどのようにして以前のAPPのようにますます普及するのだろうか。コンテンツ系、レストラン系、エンタメ系、旅行系、生活サービス系、ゲーム系、公共系及びスポーツ系など全てが普及していっている。

36Kr(36kr.com)によると、ミニプログラムの開発コストは低く、多くの開発者が同時に複数の異なる機能のミニプログラムを開発し、場合によっては数百ものミニプログラム製品を開発している者もいるようである。ある開発者は、以前のAPPの総合的な機能を分割し、一つの機能で一つのミニプログラムを開発している。例を挙げると、心理健康科学分野において睡眠サポート分野に区分される「小睡眠」がある。

他には,「朋友印象(ほうゆういんしょう)」のように「匿名聊聊(とくめいりょうりょう)」や「朋友猜猜(ほうゆうつぁいつぁい)」などのソーシャルネットワークに基づいて拡散を行うような、非常に売れているミニプログラムもある。それはさながらWechatが公式アカウント事業を立ち上げ、開発者が沢山のミニプログラムを拡散し、そのうち幾つかがヒットした当時のようである。

ある開発者は、ミニプログラムは即時使用と即時終了に重点が置かれていると述べている。即時使用と即時終了という特徴により、ユーザーが単純な機能を追い求めるようになり、複雑すぎると逆になかなか売れないようである。

現在のミニプログラムは大きく2種類に分けられる。1つは元々のAPPの大-中型の開発者が、以前の機能を簡素化してミニプログラムとして投入したものである。例を挙げると、「摩拜单车(mobike)」、「美团(mei tuan)」、「58转转(58zhuan zhuan)」、「京东购物(京東購買)」などがある。もう1つはミニプログラムプラットフォーム上で誕生したアプリケーションである。これらの形態は以前から存在したAPPとは異なり、“新種”と呼ばれている。

現在公表されているミニプログラムを見ると、その多くは“新種”と呼ばれる類である。最初からソーシャルな要素を備え、Wechat のグループの伝播ロジックを利用している。
例を挙げると、グループチャットアプリ、王者荣耀のグループチャットアプリ、群里有事などのメッセンジャー系の製品などである。

小売分野は、開発者が次々に参入している。Wechatもかつては個人事業(フリーランス)に挑戦する環境だった。当時は、最適な方法を確定させることが出来なかったが、“拼多多”といったソーシャル+Eコマースを組み合わせる方法も誕生した。
またメッセンジャー系は依然として開発者が集中して参入する専門分野だが、メッセンジャー系にはAPPメッセンジャーが以前から直面する課題——現金化という問題が存在する。













お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More