京東とテンセント提携「無界零售」を立ち上げ

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

京東とテンセント提携「無界零售」を立ち上げ

在双十一之前,京东和腾讯联手推出无界零售,刘强东还亲自解释

还有不到一个月的时间,一年一度的双十一购物节就要来了。在这之前,阿里和京东两大电商巨头都在做着购物狂欢开始的各种准备。在618年中购物节中取得不错成绩的京东,为了继续在双十一对抗阿里,已经先一步公布了诸多的大动作。

10月17日,京东宣布与腾讯共同推出面向线下品牌商的中国首个线上线下融合的无界零售解决方案。据介绍,该方案以腾讯的社交、内容体系和京东的交易体系为依托,为品牌商打造线上线下一体化、服务深度定制化、场景交易高融合的零售解决方案。这也是京东提出无界零售理念之后,推出的全面赋能品牌商的解决方案。

与此同时,京东还宣布与“京X计划”的小伙伴今日头条、百度、奇虎360、网易以及搜狗等合作伙伴一起启动了双十一全球好物节。

无界零售的合作内容是什么?

早在15年的时候,京东就与腾讯合作推出了“京腾计划”,目前该计划也是“京X计划”中成效最大的一个。具体来说,双方的合作主打社交电商+流量入口。而这次无界零售的合作,可以说是这一打法的延续。

双方的合作主要包括以下几大方面:

1、购物场景下,首次全面整合线上购物、线下购物、媒体社交大数据;

2、由腾讯、京东和第三方软件开发商共同组成服务生态,为品牌方设计专属的营销活动并实现线上线下一站式营销推广服务;

3、将品牌方、京东和腾讯给消费者的权益完美整合。例如品牌方给一个资深会员所提供的线下全品类八折会员卡,今后就可能在京东上同步使用;每逢促销京东为消费者提供的优惠券亦可在该品牌线下店使用;

4. 开放品牌智能移动化广告投放能力,品牌商可以精准的在腾讯和京东的场景中触达潜在消费群体,无论是投放京东站内广告,还是投放朋友圈、公众号广告,相较过去都更加精准并大幅提升ROI;

5. 实现微信小程序+京东零售科技模块化能力输出,不断优化去中心化的移动互联网商业体验,实现品牌方、京东和腾讯的深度融合,打造了一个权益实时互通、全场景促销、全平台交易的完整闭环。

京东集团CMO徐雷表示,在京东所倡导的无界零售中,需求个性化、场景多元化、价值参与化将是三大核心。未来,“京腾无界零售”将帮助每个品牌真正解决购物场景即时化、碎片化所带来的信息孤岛化问题。

另一方面,相同爱好、标签相似的消费者,可以根据兴趣非常方便地通过网络聚集在一起形成社群,从内容创造、设计参与、决策参谋、体验分享、到品牌传播每个环节,都能更深入地与喜爱的品牌产生互动,与品牌一起创造价值。

徐雷还透露,采用该解决方案的第一个品牌零售商是国内某零售巨头,其线下的1000多家门店将于10月中旬左右全面接入该系统。目前京东和腾讯正在逐步开放测试名额,而加入到该方案当中的品牌商,将会迎来京东优质会员数据和腾讯海量用户资源的强力支持。

无界零售想要解决哪些问题?

至于这一方案的由来和本质,京东集团创始人刘强东也在微头条平台上做了解释:“我们认为,未来,从消费端看,会有愈来愈多的购物终端,从过去的pc,到今天的手机、pad、智能音箱、电视机、智能冰箱、AR/VR、手表甚至是汽车和油烟机都会成为购物界面;

京东无界零售解决方案更多是应对品牌端的,将为品牌商提供一套供应链、一套物流体系、一套价格体系、一套品牌建设体系、一套营销体系,包括不同终端的消费者,也是一套Crm系统!让品牌商面对层出不穷的新终端界面客户,用一套方案进行解决!

其中,微信是品牌商触达客户的最佳工具!没有之一!这样可以大幅降低品牌商的经营管理难度和成本!进一步提升行业效率!确保来自各类终端界面的用户体验始终最佳!”

举例来说,以往某个品牌的消费者可能在电商平台浏览并购买商品,在社交媒体看到这个品牌的广告,还会去线下门店购物,但这三个场景是完全孤立的。品牌商只能在不同的场景(电商上做促销、社交平台上投广告、线下门店打折或会员促销)分别投入资源,产生的大量数据也无法融合,交易也不能同步。这成为品牌商的三大痛点,而无界零售就是要解决这些问题。

此方案实行后,通过京东发放的优惠券可以在其线下门店核销,也可以在其微信商城购物;同时这也为消费者提供了极大的便利:消费者在品牌商线下门店所办理的会员卡、积分和优惠折扣,照样可以应用于其在京东商城的旗舰店和微信的购物场景当中。使消费者在多渠道中不再有割裂的体验,也帮助品牌以更有效的方式与忠诚用户沟通和连接。

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

あと一ヶ月も経たないうちに、年に一度のダブルイレブン・オンラインショッピングデーが来る。これを前にして、アリババグループとJDドットコムのECモール最大手二社が、ショッピングの熱狂的なスタートに向け、さまざまな準備を始めている。618キャンペーンでまずまずの成果を得たJDドットコムは、ダブルイレブンでアリババグループに対抗し続けるために、一足先に多くの思い切った宣伝を行った。

10月17日、JDドットコムはテンセントと提携して、実店舗の自社ブランドを取り扱う小売業者をターゲットとした中国初となるオンラインと実店舗を連携させた「無界零售」という解決策を発表した。説明によると、この策はテンセントのソーシャルメディアとそのシステム、JDドットコムの取引システムをもとに、自社ブランドを取り扱う小売業者のためにオンラインと実店舗を一体化し、顧客満足度と取引の統合性をより一層高め、小売業のソリューションとなることだ。これはJDドットコムが「無界零售」理念を提唱したのちに、全面的に自社ブランドを取り扱う小売業者に権限付与するという解決策でもある。

これと同時に、JDドットコムは「京Xプロジェクト」のパートナーとして今日トップに君臨する、百度、奇虎360(チーフーサンロクマル)、網易(ネットイース)、捜狗(Sogou)などを提携企業として発表し、共にダブルイレブン・オンラインショッピングデーを発動させた。

「無界零售」の提携内容とは?

2015年初めに、JDドットコムはすでにテンセントと提携して「京騰プロジェクト」を発表した。先に述べたプロジェクトも「京騰プロジェクト」の中で最も成果の大きいプロジェクトとなる。具体的に言えば、両社の提携はソーシャルeコマースにプラスしてアクセス数の増加が主な目的だ。そして今回の「無界零售」での提携は、この手の施策の延長とも言える。

両社の提携に含まれている主なことは以下の通りだ。

1.多様なチャンネルにおいて、オンラインでのショッピング、実店舗でのショッピング、ソーシャルメディアの多大なデータを、初めて総合的に整理統合する。

2.テンセント、JDドットコムと第三者であるソフトウェア開発業者が共同制作したサービス体制により、ブランドサイドのためだけに構想されたマーケティング活動を行うことで、オンラインと実店舗の一貫したマーケティング展開サービスを実現する。

3.ブランドサイド、JDドットコムとテンセントは同一価格で消費者に提供する。たとえば、ブランドサイドが優良会員に実店舗で全品20%オフの会員カードを提供すれば、今後はJDドットコム上でも同様に使用できる。販促キャンペーンのたびにJDドットコムが消費者に提供する優待券も同様に、該当するブランドの実店舗で使用できる。

4.ブランドに対してアドネットワークでの広告配信を自由化し、自社ブランドを取り扱う小売業者はテンセントとJDドットコムのチャンネルのなかで、潜在的ニーズの消費者層へのリーチ率を確実に上げることができる。JDドットコム内での広告配信か、それともWeChatのモーメンツに表示させるか、公式アカウントで広告配信かを行うことで、今までと比べて非常に正確に、そして大幅にROI(投資利益率)を上げることができる。

5.WeChatミニプログラムとJDドットコムの小売業のテクノロジーモジュール化機能が組み合わさったことで、常に非集中型のモバイルインターネットの商業体験が改善され、ブランドサイド、JDドットコム、テンセントのより高度な連携を実現する。権利と利益がリアルタイムで互いに行き来し、全チャンネルを用いての販促、全プラットフォームでの取引で、完璧なクローズドループ・マーケティングが完成するのである。

JDドットコムCMO徐雷氏は、JDドットコムが提唱する「無界零售」のなかで、差別化、チャンネルの多元化、価値への参与は3つの核心となると表明している。この先、「京騰無界零售」はどのブランドでもすぐに確実なショッピングチャンネルを得られ、多元化がもたらす情報の孤立という問題をサポートする。

もう一方で、同じ趣味、似通ったタグの消費者は、興味に応じて非常に利便性良くネットを通じて集まり、コミュニティを作ることができる。コンテンツの作成から、構想の参加、アドバイザーの決定、体験のシェア、ブランド宣伝に至るすべてのステージで、より深く自身の好きなブランドとインタラクティブ性を高めることができ、ブランドと一緒にその価値を作り上げることができる。

徐雷氏がさらに明らかにしてくれたところによると、この解決策を採用した最初のブランド小売業者は国内の某小売業界の最大手とのことである。そのブランドが有する1000あまりの実店舗は、10月中旬頃にこのシステムにすべて移行することとなった。目下、JDドットコムとテンセントは出展企業の受け入れとテスト枠を段階的に広げている。この策に加入する自社ブランドを取り扱う小売業者は、JDドットコムの優良会員データとテンセントの膨大なユーザー資源の強力なサポートを得ることができるのである。

「無界零售」はどの問題を解決したいのですか?

このシステムの由来と本質について、JDドッドコム創始者である劉強東氏は微頭条サイト上でも解説している。「これから先、消費について細かく見れば、ショッピングの端末はどんどん増えていくと我々は考えている。かつてのpcから、今日の携帯、pad、スマートスピーカー、テレビ、AI搭載の冷蔵庫、AR/VR、腕時計さらには車とレンジフードまでもがショッピングのインターフェースとなるだろう。

JDドットコムの「無界零售」解決策の多くはブランドサイドに対応している。自社ブランドを取り扱う小売業者へのサプライチェーンマネージメントの提供はもちろん、物流システム、価格戦略、ブランドの立ち上げまでのシステム、マーケティングシステム、異なる端末を使う消費者も含めて、自社ブランドを取り扱う小売業者のために提供している。つまり、これはCrm(顧客関係管理)システムともいえるのである!自社ブランドを取り扱う小売業者に次から次へと現れる端末の顧客に向き合ってもらうため、この策で解決してもらうのである。

その中でも、WeChatは小売業が顧客アプローチするのに最も適したツールだ!これに勝るものはない!こうすることで、自社ブランドを取り扱う小売業者の経営管理の難度とコストを大幅に下げることができる!業界の効率も一段と高まることだろう!さまざまな端末から来る顧客に、最初から最後までご満足いただけることを保障する!」

例を挙げると、従来の場合、某ブランドの消費者はECモールで大まかに目を通して商品を購入する、ソーシャルメディアでこのブランドの広告を見つける、そしてオフラインの実店舗で購入する、というショッピングの仕方が多かったかと思う。しかし、この三つのチャンネルは完全に孤立しているのである。自社ブランドを取り扱う小売業者は異なったチャンネル(ECモール上での販促、ソーシャルメディアでの広告、オフラインの実店舗での値引きもしくは会員向けの販促)に合わせ、それぞれに合わせてリソースを投じるしかない。生じた大量のデータも一ヵ所に統合できず、また消費者との取引も同時進行ができない。これは自社ブランドを取り扱う小売業者にとって三大ペインポイントとなっている。それこそ「無界零售」が、まさにこれらの問題を解決しようとしているのである。

この策が実行されたのち、JDドットコムから発行された優待券はオフラインの実店舗はもちろん、微信商城(WeChat Mall)でも同様に使用できる。同時に、消費者にも最大の利便性がある。消費者が自社ブランドを取り扱う小売業者の実店舗で取得した会員カード、ポイントと優待割引は、京東商城(360buy)の旗艦店とWeChatのショッピングのなかでも同様に使える。消費者にチャンネルごとにバラバラな手順を踏むと言った体験をすることなく、またブランドにも、より一層有効的な方法でブランドのファンとのコミュニケーション、繋がりができるようサポートする。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More