微信(Wechat)が海外で静かなブーム

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

微信(Wechat)が海外で静かなブーム

海外微信悄然兴起

用户从零到1 亿,用了14 个月的时间,从1 亿到2 亿仅用了不到半年 的时间,2亿到3亿用了4个月,时至今日,用户即将突破4亿,没错这就是微信,由国内网络巨头腾讯公司推出的一款专为智能手机免费提供的基于移动互联网模式下的即时通讯应用程序,不管是借助什么样的渠道和方式,微信已经在国内掀起了微信热,有望成为第六大全球互联网平台。与此同时在海外,腾讯也展开了相当大的力度进行宣传:“2011年4月,微信以英文名Wechat正式进入国际市场,同年10月开始支持繁体中文语言界面,增加港、澳、台、美、日五个地区的用户绑定手机号,加入英文语言界面;12月则实现了支持全球100个国家的短信注册。在东南亚地区包括香港、台湾、新加坡、马来西亚、泰国、越南、印尼和印度的苹果AppStore和Google Play下载榜都分别排在前20名的位置,在台湾更一度是两个排行榜同时总排名第一。”据媒体报道,腾讯此前以100万美元收购了 “wechat.com”域名。这标志着微信向国际化又迈进了新的一步。印度已经是除中国以外微信使用的第二大市场,这个消息来自印度ibibo游戏公司和移动总裁Rahul Razdan,但他尚无法谈及详细数据。但欧美市场显然是块硬骨头,以前国内很多创意都是“山寨”硅谷的,如今却要调头打回玩创意的祖师爷家里,难度系数明显偏高。不过,据可靠消息透露,微信已经在北美组建了一个团队。这也就意味着其对于北美市场的本地化运营也已经开始,或者说,这恰恰预示了微信的全面国际化。有非官方消息称,目前微信的海外用户已经达到千万级。与同样出自中国团队的Camera360的2000万海外用户相比,微信的海外用户数似乎还没有那么傲人。不过,微信从来没有把海外市场当作吃掉内地市场后的餐后甜点,而是将国外市场当作一道正餐来吃,甚至是比内地更大的正餐。谈到微信的国际化布局时,腾讯董事局主席马化腾表示“成或不成,(腾讯)这辈子就这一个机会了。”显然,马化腾将腾讯的国际化押宝在微信上。

海外微信悄然兴起

微信国际化版图笔者在日本东京工作,日本有约70万的中国人,由于国际通讯费用的昂贵,微信现在已基本成为在日国人与国内亲朋好友沟通的主要通讯工具了。日本旅游局表示,每年来日本旅游的国人大概为100万,很多日本的店铺里都有中文的菜单、中文的优惠信息等中文服务。日本商家最近也开始注重微信,利用微信公众号增加各种服务以及集客营销。

国内最大的微信群V5推推经常会开展一些关于微信的公益课程,企业商家以及个人一起研究如何利用好微信进行营销、做自媒体、做好服务。3月22号在东京也开展了可以说首次的关于微信的公开讲课,此次课程针对微信的发展历程、微信特点、微信营销、微信运营案例及微信未来发展趋势等话题,向对中国市场感兴趣的日本企业做了演讲。

海外微信悄然兴起

日本东京的微信的公开讲课到场的日企,包括了广告代理公司、投资公司、旅游公司、线上商家等企业和个人,都是以中国市场为中心业务的群体。另外还有地方政府旅游部门的相关人员,据了解日本的旅游部门非常想利用微信让来日本旅游的中国人们更方便的了解当地的旅游景点、美食餐饮、逛街购物等娱乐消费资讯。并表示有意在微信上设置对话服务中心,这样可以省去种类繁多的旅游导航手册,如果下了飞机或是在等飞机时,还可以通过微信查看附近的免税店等服务,微信在旅游方面的应用,将大大的改善游客的体验。

微信本身支持多国语言也有海外版,同时微信公众平台也开设有海外版,内容和中文版有一些不同,比如中文版里有的“自定义菜单”功能,在英文版管理界面里是没有的;中文版需要认证身份证信息才能使用,而这个在英文版管理界面里是不需要的。

海外微信悄然兴起

海外版微信公众平台登录页截图对于正在国际化的微信来讲,海外市场将面临着诸多的问题和挑战,包括国际政策、民风民情、竞争对手等,不过乐观的来看微信确实有望成为国内互联网国际化的希望之星,也相信微信能成为一个真正的国际化产品。

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

それと同時に、海外でもテンセントは相当な規模で以下の宣伝を進めている。
『2011年4月,微信はWechatという英字名で、正式に国際市場へ参入し、同年10月より繁体字のインターフェースをサポートし、香港、マカオ、台湾、アメリカ、日本の5つの地域のユーザーの携帯電話番号とバインディング(紐付け)し、英語のインターフェースを追加した。12月には世界100カ国でのショートメールアカウントの登録を実現した。東南アジア地域では香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア及びインドのアップルのAppStoreとGoogle Playのダウンロードランキングでそれぞれトップ20入りし、台湾では2つのランキングで同時に総合ランキング1位となった。』

報道によると、テンセントは以前に100万ドルで “wechat.com”のドメイン名を購入した。これはつまり、微信が国際化への新しい一歩を踏み出したことを意味している。インドは中国国外で最も微信が使用される第二の市場となっている。これは、インドのHead of Gaming and Communication for ibibo.comのRahul Razdan,氏の情報だが、彼は詳細なデータは明らかにしていない。しかし、欧米市場は非常に苦戦が予想される。それは、以前の国内のクリエイティブな制作物全てが所謂「バッタもの」であったためであり、現在、その創始者たる欧米市場へ挑戦するのは、明らかに困難であると思われる。しかし、信頼できるある情報によれば、微信は北米でチームを立ち上げたそうだ。これはつまり北米市場の現地での運営が始まったこと、或いは微信の全面的な国際化がまさに今始まったことを暗示しているのかもしれない。

非公式な情報によると、現在の微信の海外ユーザー数は1,000万人レベルに達しているとのことだ。同様に中国で制作されたCamera360の2,000万人と言う海外ユーザーに比べると、微信の海外ユーザー数はそれほど驚くべき数字ではない。しかし、微信は海外市場を国内市場というメインディッシュ後のデザートのように考えてはいない。それどころか彼らは海外事情を国内より豪華なメインディッシュと考えているのだ。微信の国際化の展開を考えるときに、テンセントの取締役会のPony Ma(马化腾)主席は「成功するかしないか、そのチャンスは1度しかないのです」と述べている。Pony Ma氏がテンセントの国際化を微信に運命を託していることが明らかだ。

微信の国際化マップ

筆者が日本の東京で仕事をしていた時、日本には既に約70万人の中国人がいた。当時から国際通信費用は高く、微信はすでに日本在住中国人と大陸との基本且つ重要な連絡ツールとなっていた。日本政府観光局によると、毎年来日する中国人は約100万人で、多くの日本の店舗には中国語のメニューがあり、中国語のお得な情報提供サービスなどもある。日本企業も最近になって微信に注目し始め、微信の公式アカウントを利用し、各種サービスや集客に生かそうとする動きが出始めている。

中国国内最大の微信のグループ「V5推推」は、頻繁に微信のセミナーを開き、企業や個人等と共にどのように微信を利用し、営業、自社メディア、サービス向上に生かすかを研究している。3月22日、東京でも初めてと言える微信のセミナーが開かれた。このセミナーでは微信の発展の歴史、特徴、営業、運営プラン及び微信の未来の発展予測などが話題となり、中国市場へ関心を持つ企業に対して説明が行われた。

東京での微信のセミナー

参加した日本企業は広告代理店、投資企業、旅行会社、オンラインショッピングを業務とする企業や個人であり、いずれも中国市場業務の中心とする団体だった。その他、地方自治体の関係者もいた。日本の地方の観光担当部門は、微信を利用して日本に観光で訪れた中国人に対し、現地の観光名所や、名物、ショッピングなどの娯楽・消費情報をより便利に伝えたいと考えている。また、微信に通話サービスセンターを設置し、観光ガイドブックをより削減していきたいと考えている。このサービスを利用すると、例えば飛行機のフライト前や着陸後に微信で付近の免税店などを調べるサービスが利用できる。観光方面のアプリケーションにより観光客のエクスペリエンスが大幅に改善される。

微信は既に多言語で海外版をサポートしており、微信の公式アカウントにも海外版がある。その内容は中国版と少し異なる。例を挙げると、中国版には「カスタムメニュー」の機能があるが、英語版の管理インターフェイスにはない。中国版では、身分証の認証により使用が可能だが、英語版の管理インターフェイスには必要ない。

海外版微信の公式プラットフォーム登録ページのスクリーンショット

まさに今国際化を進めている微信にとって、海外市場は、国際化政策、各地域の慣習、競合他社など多くの問題とチャレンジに直面するだろう。しかし楽観的に見れば、微信は確かに中国SNSの国際化の希望の星となりえる。微信が本当の国際化をなし得ることを信じていきたいと思う。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More