VW、中国市場における新たな原動力はSUV、2019年販売台数前年比81%増

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

VW、中国市場における新たな原動力はSUV、2019年販売台数前年比81%増

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2020年1月14日、独フォルクスワーゲン(VW)は2019年の中国市場における納入台数を発表した。それによると中国市場では史上最高の計423万台が納入され、2018年の421万台と比べ0.6%の微増だった。
現在、中国はVWにとって最重要市場となっており、全世界販売台数の50.38%を占めている。自動車市場の停滞色が鮮明だった2019年、VWにとってSUV(多目的スポーツ車)がビジネス成長のための新たな原動力となっている。2018年末に中国三大自動車メーカーの一つ「中国第一汽車」とVWの合弁企業である「一汽大衆(FAWフォルクスワーゲン)」がSUVモデルを発売後、VWはSUV市場でのシェアを徐々に増やし、2019年の納入台数は前年同期比81.6%増の81万2500台だった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録