微信が褒賞マークを作成

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

微信が褒賞マークを作成

微信推出可收取赞赏、小费的赞赏码,但主要服务于个人线下场景的收款

微信推出的赞赏码,是要进一步扩展线下支付场景?还是来解决微信公众号赞赏受限的问题?

10月19日晚,iOS版微信更新到了6.5.19版本,同时这次更新还新推出了“可以生成自己的赞赏码,接受打赏”的功能。赞赏码是什么?微信团队也在第一时间进行了回复“赞赏码是微信新增的一种收款功能,主要应用于个人收款场景,可以帮助有收取赞赏、小费等需求的用户在线下场景更便捷地收款。”目前,安卓版本还在准备中。

如何生成赞赏码?具体来说,用户进入微信主页,打开位于右上方的“+”标识,点击“收付款”功能。在该功能中,除了之前就有的二维码收款、群收款、面对面红包三大功能外,又多出了赞赏码功能。

对于初次打开赞赏码功能的用户,会看到上方的空白框中需要添加赞赏引导语,而下方有六种可以打赏的金额,并且这些金额都可以修改。设置完成后,点击下方的生成赞赏码即可。如果想要就行修改,可以点击赞赏设置,之后更新赞赏码即可。像二维码收款一样,用户也可以直接保存赞赏码,方便接收赞赏。

微信推出可收取赞赏、小费的赞赏码,但主要服务于个人线下场景的收款

值得注意的是,微信团队解释称,赞赏码主要应用于个人收款场景,有收取赞赏、小费等需求的用户(如:餐饮服务员、演出展览作者等)可开启赞赏码功能并设置赞赏金额和引导语,既可在线下场景中出示赞赏码,由赞赏者扫码完成支付。腾讯方面还回复36氪,赞赏码的设计初衷就是服务线下的。

由此来看,赞赏码应该可以绕过苹果的规定,方便线下场景的打赏。一直以来,微信支付和支付宝都在加码对线下消费场景的布局。而且数据也显示,微信支付在不断蚕食支付宝的市场份额。这次赞赏码的推出,可以看做是微信支付进一步丰富线下支付场景的策略。支付宝会如何应对呢?

但是对于线上的微信公众号作者,怎么解决他们的打赏问题,微信似乎还没有明确的方案。

早在4月19日,微信团队对外宣布,受苹果公司新规定影响,2017年4月19日17:00起,iOS版微信公众平台赞赏功能将被关闭, 安卓等其他版本微信赞赏功能不受影响。导致微信公众号关闭赞赏功能的具体原因是,2016年6月13日,苹果新规定出台,对应用内支付规则进行了变更。苹果新条款3.1.1中指出,App 不得包含指引客户使用非 IAP 机制进行购买的按钮、外部链接或其他行动号召用语。

到了9月中旬,当时有消息称苹果对打赏的三成抽成做出了让步,但事实并非如此。苹果最新的App Store3.2.1可接受商业模式条款的第七条依旧清晰的写到:在iOS应用中,允许个人用户在不使用应用内购买(IAP,in-app purchase)的方式,向另一个人赠送“货币礼金”(monetary gift)。但该赠送行为有两个前提,一是赠送者是出于完全自愿的选择;二是赠送的全部金额都应该归接收者所有。

对此,一位苹果内部人士对36氪表示:“苹果官方通告里的打赏是指个人对原作者个人的打赏,与第三方应用内容和服务没有关系,这是两种操作方式”。以微信公众号为例,如果附有微信打赏插件,那么只要用户打赏还是会被苹果收取30%的分成。但是,如果打赏是跳转到另一个界面,这样就不会被苹果收取30%的提成。

自4月19日关闭赞赏功能以来,iOS用户想要赞赏公众号及作者,就需要通过二维码转账支持。而目前的赞赏码,似乎依然没有解决微信公众号打赏的问题。何时能得到解决,看来还需要等一等。

关于微信赞赏码的问答:

Q:微信赞赏码是小程序码吗?

A:微信赞赏码并不是小程序码,二者形状虽有相似之处但并不完全一样,比如,赞赏码与小程序码右下角的logo不同;赞赏码中心的用户头像是方形,而小程序码中心头像是圆形,等等。

Q:为什么要把赞赏码做成这样的形状?与一般二维码有何区别?

A:微信“收付款”中的收款二维码多为传统的方形,为了与一般的收款码进行区分,微信在赞赏码的设计上进行了一些形式创新,但识别方式与一般收款二维码没有区别。

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

微信(WEIXIN)が作成した「褒賞マーク」はネット外での支払いを拡大するだろうか?それとも微信(WEIXIN)の公式アカウント「褒賞」の制限された問題を解決することになるのだろうか?

10月19日の夜にios版微信(WEIXIN)は6.5.19版本となり、同時に“自分の「褒賞マーク」を作成して賞を受け取る”機能を付加した。「褒賞マーク」とは何だろうか?「微信(WEIXIN)チーム」は1時間で受領:“「褒賞マーク」は微信(WEIXIN)が新たに作った支払いを受け取る機能で、個人が「褒賞」を受け取る時に活用できるもので、少額のチップ等をネット外で早く受け取ることができる。”現在、アンドロイド(安卓版)もこの機能を付加する準備をしている。

どうして「褒賞マーク」を作成する必要があるのだろうか?具体的に説明すると、ユーザーが微信(WEIXIN)のメインページを開き、右上の“+”表示を開き、“收付款”機能をクリックする。
その機能の中に、以前からある二维码收款、 群收款、面对面红包の3大機能以外に、「褒賞マーク」の機能が多く出ている。

最初に「褒賞マーク」機能を開いたユーザーは上部にある空欄の枠に「褒賞」に関連する言葉を入力し、下方にある6種類の「賞金額」を選び、その金額を修正することができる。入力が完成した後に下方にある「賞賛マーク更新」をクリックする。もし修正が必要な場合には、「赞赏设置」をクリックして、賞賛マークを変更することができる。二维码收款と同様に、ユーザーは「褒賞マーク」を直接保存することができ、「賞金額」を簡単に受領することができる。

注意するべきことは、微信团队は、「褒賞マーク」は主に個人が資金を授受する時に、「褒賞」を受領し、また少額のチップ等を要求するユーザー(飲食店の店員、作品を展示する作者等)が「褒賞マーク」機能を開いて褒賞金額と、設置された「褒賞」に関連する言葉を使ってネット外で提示された「褒賞マーク」に基づき、「褒賞マーク」完成により支払いを実施するというものである。騰訊(TENCENT)は36krを回復することができ、「褒賞マーク」の当初の目的はネット外でのサービスである。

このことから「褒賞マーク」は苹果(APPLE)の規定を混乱させ、ネット外での支払いを便利にしている。以前から「微信支付」と「支付宝」はネット外の消費の場合にはコスト高だった。その上「微信支付」は「支付宝」シェアを奪ってきた。今回「褒賞マーク」を利用できるようにしたことで、微信(WEIXIN)のネット外での支払い機能を充実させたことになり、「支付宝」はどう対応するのだろうか?

しかし、ネットの「微信公衆号(微信公众号)」の作者に対して、彼らの褒賞決済の問題をどうやって解決するのか、微信(WEIXIN)はまだはっきりした方法を決めていないようである。

2017年4月19日微信团队は、苹果(APPLE)の新しい規定の影響で、4月19日17:00以降、ios版微信(WEIXIN)公式アカウントの「褒賞」機能を閉鎖すると発表した。アンドロイド(安卓)等その他の微信赞赏機能は、苹果(APPLE)の新しい規定の影響を受けていない。微信(WEIXIN)公式アカウントが「褒賞」機能を閉鎖した具体的な要因は、2016年6月13日に、苹果(APPLE)が支払い規則を変更したからである。苹果(APPLE)の新規則3.1.1では、IAP(In App Purchase)を使用していないユーザーの売買ボタン、外部リンク、その他関連する用語のアプリは対象外とした。

9月中旬になり、苹果(APPLE)は賞の支払いに対して3割引にするというニュースがあったが、しかし実際にはそうではなかった。苹果(APPLE)の最新Appstore3.2.1は商業モデル条項の第7条に明確に記載されている通り:ios使用の際に(IAP,in-app purchase)的方式を使用せず相手に“货币礼金”(monetary gift)をする以外には許可するとしている。しかし、その支払いをするためには2つの前提があり、一つは支払う側は、完全に自分で選択していることと、支払われた金額は全額受領した人の収入となることである。

それに対して苹果(APPLE)のある人は36krに対して、“苹果(APPLE)の通達でいう褒賞の支払いは個人へ褒賞の支払いであって、第三者のものとか仕事を引用したとかは関係なくて、その操作方法に関するものである。”微信(WEIXIN)公式アカウントを例にとると、もし微信(WEIXIN)の「褒賞の支払い」を行おうとした場合、ユーザーは苹果(APPLE)に30%の手数料を徴収される。しかし「褒賞の支払い」を別のインターフエイスに飛ばしてしまえば30%の手数料の支払いをしなくても済む。

4月19日に「褒賞」機能を閉じてから、iosのユーザーは赞赏公众号と作者はQRコードへの変更が必要と考えている。それともこの「褒賞マーク」は依然として「微信(WEIXIN)公式アカウント」の支払いに関する解決できない問題なのだろうか。いつ解決できるのかは暫く様子を見る必要があるだろう。

下記は、「微信(WEIXIN)褒賞マーク」についての質問と答えである。
Q. 「微信(WEIXIN)褒賞マーク」は微信小程序(WeChat Mini Apps)ですか?
A. 「微信(WEIXIN)褒賞マーク」は「小程序(WeChat Mini Apps)」ではなく、二つの形は似ているところがあっても完全に同じではなくて、例えば「褒賞マーク」と「小程序(WeChat Mini Apps)」の右下の隅のLOGOは異なるもので:「褒賞マーク」を使用するユーザーの上半身の塑像は四角形で、「小程序(WeChat Mini Apps)」の上半身の塑像は円形となっている等々です。

Q.どうして「褒賞マーク」はこのような形をしているのですか?一般のQRコードとは
どんな区別があるのですか?
A. 微信(WEIXIN)の“收付款”の中の受け取り、QRコードは伝統的な四角形で、一般の受け取りマークと区分するために、微信(WEIXIN)は「褒賞マーク」を設計する時に、新しい形を作りました、しかし、その識別方法は一般の受け取りQRコードと区別はありません。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More