1日のアクセスが1億以上の今日头条がWeibo化?

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

1日のアクセスが1億以上の今日头条がWeibo化?

每天亿级流量扶持创作者,今日头条想再造一个“微博”

除了微信、微博,如今微头条也成为商界大佬们发声的主要平台之一。过去一段时间以来,京东掌门人刘强东、阿里大文娱的俞永福、小米公司CEO雷军、深陷舆论旋涡的贾跃亭等,都选择通过今日头条系产品微头条来发布最新的公司以及个人动态。比如双十一后,俞永福将离职创业成为了最受关注的新闻之一,其同时在微博和微头条上做了回应。而刘强东在微头条的发文则更为频繁,一天好几条,已经远远超过微博。对于雷军来说,虽然发的每条微博几乎都会被推送,但其微头条的内容更新也丝毫没有怠慢。
用户花在某款产品上的时间长短,很大程度上决定了这款产品的成败。如何让用户持续、开心、专注的付出宝贵的时间,又或开始考虑让用户适当的抽离该产品,则成为衡量一款产品是否优秀的标准之一。目前从这些商界大佬的使用情况来看,微头条的起步看起来还不错。

每天亿级流量扶持创作者,今日头条想再造一个“微博”

微头条是一款什么样的产品,很多人可能还不是很清楚。其实这款产品今年4月才上线,目前运营时间已经超过半年。本质上,这是一款头条系的UGC(User-generated Content,用户生产内容)产品,定位于社交媒体产品。用户可以通过微头条发布短内容、与人互动,从而建立关系、获得粉丝。最快速的理解就是,它很像微博。

为何要推出微头条这一产品。首先,微头条是头条号的很大补充和完善。虽然优质的头条号内容在人工智能技术的加持下,很多都可以轻易的取得数十万甚至上百万的阅读,但是不可能每篇文章都会得到推荐。然而未得到推荐的文章,阅读量就完全没有保障了。但有粉丝后,就可以有保底阅读量,再加上智能推荐,可以获得更高的曝光。总体的产品逻辑就是“粉丝做保底,推荐做加法。”

另外,微头条不再局限于有内容生产力的头条号作者,也希望让有表达欲望的普通用户能参与进来。比如一位出租车司机,从点赞互动中可以获得很大的满足感和成就感。这说明再小的个体都有表达欲和追随欲,微头条做的就是通过产品和运营的机制来挖掘和满足用户这方面的需求。

每天亿级流量扶持创作者,今日头条想再造一个“微博”

当然微头条推出有更大的信息分发背景以及业务考虑。张一鸣曾在去年初的头条媒体未来峰会上说道,信息过滤的权力一是会让渡给社交关系,让每个人推荐自己喜欢的内容给朋友,大家一起来干编辑的工作,同时也消费朋友推荐的内容;二是让渡给人工智能推荐,让机器来识别你的喜好,推荐你可能感兴趣的内容。这两种方法都能大大提高信息分发的效率,而微头条就是应用案例。

除此之外,一个月前张一鸣对此还做了进一步的回答。当时的公开活动上,GGV纪源资本管理合伙人童士豪问“头条为什么会转去做社交产品”,张一鸣回答了两点:第一,行业从OGC(Occupationally-generated Content,职业生产内容)进化到UGC,创业者要为行业而改变;第二,是被业务推动的。

纵使张一鸣对行业发展趋势以及业务的融合有了很深的理解,而且还有头条这个日活过亿的产品护法,但社交媒体领域已经充斥着Facebook、微信、微博等巨头,像手机一样已经是红海中的红海。对于微头条这款产品来说,想在这样激烈的竞争中取得一席之地并非易事。

其实今日头条出现之时,很大程度上被BAT忽略了,但其破局者的DNA一直都在流淌和蔓延。发展至今,多款产品的成功让其又更添了一份胜利者的光环。值得注意的是,与其他公司相比,头条很多时候都采取了更为激烈的打法。无论是新闻聚合还是短视频亦或是社交产品市场,都是巨头林立。但今日头条都选择直接切入,这无形中让公司置身于“公敌”的角色。

网易CEO丁磊日前接受36氪采访时说道:“网易严选不会做手机。因为大家已经做到中国非常领先了,我们不做。我要把中国很多行业没有做好的东西做到极致。”很显然,头条选择了完全不同的打法和路径。那么头条进入一个行业的核心判断是什么?什么又是头条的边界?

《孙子兵法》中有言,“胜兵先胜而后求战,败兵先战而后求胜。”那对于今日头条来说,它是前者还是后者?

微头条如何在半年时间里获得众多商业大佬、知名大V加入?微头条会给创作者怎样的扶持和变现选择?微头条又会怎样处理与微博剑拔弩张的关系?微头条的泛社交会遇到天花板吗?以及未来的想象空间在哪里?近日,微头条运营总监王一波接受了36氪的独家专访,对这些问题给予了解答。

以下为微头条运营总监王一波与36氪的对话实录:

Q:在今日头条首页页卡里,我们可以看到各种来源的文章、视频等内容,这其中也包括微头条用户的。这个产品是在今年4月份上线的,今日头条当初为何要推出微头条这一产品?

王一波:这涉及今日头条内容分发机制的升级,我们正在从“个性化推荐”过渡到“粉丝做保底,推荐做加法”。

头条其实一直有关注功能,也有很多作者在长期创作中积累了很多粉丝。粉丝价值如何体现呢?“微头条”就是一款最大化地提升创作者粉丝价值的产品。

微头条的帐号与头条号相互打通,为创作者提供与粉丝高频互动交流的平台,让头条号文章触达粉丝的机率更高。相当于在人工智能推荐的基础上,增加了社交分发的机制。

在双重分发机制下,创作者的内容先有了由粉丝群体创造的保底阅读量,然后再经过人工智能技术,推荐给更广泛的人群,也就是“粉丝做保底,推荐做加法”。

除了为专业创作者提供更好的平台,我们更希望通过微头条,将现实生活中那些有名、有趣的人吸引进来,在微头条发布偏碎片化的短内容,其他用户可以关注他们,并进行互动。这些人的加入,以及发布的短内容,进一步完善了今日头条的内容生态。

Q:如今的今日头条,不仅是一个新闻聚合和分发平台,而且旗下也成功孵化了悟空问答、西瓜视频、抖音、火山小视频等一系列产品。那么,微头条的定位是什么?微头条在所有头条系的产品中又扮演什么样的角色?微头条有对标的产品吗?

王一波:微头条的定位是今日头条社交媒体产品,是粉丝经济的主要体现。用户可以通过微头条发布短内容、与人互动,从而建立关系、获得粉丝。有了微头条,今日头条不再仅仅是深度资讯分发平台,还是关注互动平台。

对于今日头条来说,微头条增加了社交分发的机制,让内容分发的链条变得更完整;对于创作者来说,微头条帮助他们迅速圈粉,保证内容高效触达粉丝,从而让他们在今日头条的ID更有价值;对于普通用户,他们也跳出了“读者”的单一身份,可以在今日头条拥有一些社交的场景,与喜欢的明星名人和内容创作者互动。

微头条依靠人工智能推荐技术帮助用户度过冷启动期,从这个角度看,我们其实没有完全意义上的对标产品。

Q:经过半年多的发展,微头条已经被很多人熟知。过去一段时间里,无论是京东的掌门人刘强东、阿里大文娱的俞永福,还是深陷舆论旋涡的贾跃亭等商界大人物,都选择通过微头条来发声。目前,微头条整体用户情况怎么样,比如入驻的用户数量、呈现什么样的特点?

王一波:微头条是一种门槛和成本都比较低的创作方式。我们的用户不再局限于有内容生产力的头条号作者,有表达欲望的普通用户也能参与进来。同时还邀请了一些名人明星、垂直领域的达人、顶级媒体机构、各级政府部门、知名企业等入驻。目前,已经入驻的顶级明星名人大咖已经超过5000人,累计的各类认证用户已经超过8万个。

Q:在微头条平台上,用户发布的内容有什么特点?什么样的内容会更受欢迎?经过社交分发和智能推荐后,最受欢迎的内容在粉丝和流量方面会呈现什么样的增长趋势?不同用户是否有不同的推荐机制等?

王一波:相比头条号,微头条用户发布的内容以偏碎片化的短内容为主,人格化的特征更明显。从高人气用户发布的微头条看,有名望、有意思和有用的内容热度更高,大家也愿意跟他互动交流。这一点在明星和普通人的身上都得到了印证。

比如郭德纲,他发的微头条就是记录自己的演出和所思所想,粉丝乐意跟他互动,很少有负面的评论。郭德纲本人对微头条的评论也很惊讶,表示同样的内容发到不同的平台上,在微头条得到的反馈就是不一样。如果你在其他社交平台上也关注过郭德纲,就会发现,微头条是他目前唯一完全开放评论的平台。

前协和医院妇产科医生章蓉娅,是个高颜值的段子手,亦正亦邪,很多网友每天晚上要等她发完最后一条微头条才肯入睡。

还有陈庆华大夫,她所担任院长的妇产医院位于江苏泗洪县,是一个大部分中国人都没有听说过的县城,但是她在微头条上却有40多万粉丝,遍布全国各地。每天她在工作之余科普妇产方面的知识,回答网友问题,安抚焦虑的夫妻,记录妇产医院的百态人生。甚至有郑州的粉丝驱车千里来到泗洪,专门找她诊断。

内容越受欢迎,表示热度越高,机器会自动向更广泛的群体甚至全局推送,会产生所谓的爆款,对粉丝增长的帮助非常强大。这对所有用户都是适用的。

Q:在社交媒体领域,已经有Facebook、微信、微博等用户、商业模式等都非常成熟的产品,微头条会与这些社交媒体产品形成强竞争吗?微头条杀入这一领域的优势有哪些?

王一波:现在我们能看到的社交产品可以分成两大类——一是以Facebook、人人网为代表的熟人社交,早期的微博其实也是熟人社交。二是以陌陌、探探为代表的陌生人社交或垂直社交。

从定位上来说,微头条是介于两者之间的“泛社交”,它类似于古人所谓的“神交”,是基于个人兴趣、爱好、价值观等的关系沉淀。其实微博现在也有点泛社交的属性,但它更偏重头部和明星。

微头条做泛社交优势就很明显了。首先是我们有流量——今日头条的平台上聚集了海量用户,很多人活跃在评论区,具有很强的社交属性,但用户彼此间并没有形成关系。其次是我们有技术,过去找到所谓的“神交”或知音,成本极高,需要花费足够的时间充分沟通,才能判断是不是知音。但是今日头条的人工智技术能帮你从人海中快速找到你潜在“神交”。

可以说,微头条将是更高效的泛社交。

Q:我们还注意到,刘强东开通微头条半年多的时间,粉丝已经达到152万人,而其开通七年的微博的粉丝也不过365万人。另外相比起来,刘强东在微头条上的发文频率更高、粉丝互动量也很大。微头条是通过什么方式吸引用户,尤其是明星、大V、KOL用户入驻的?以及怎么维系用户活跃度的?

王一波:我们一直欢迎各类大V和KOL的入驻。新入驻的大V即便没有粉丝,也能顺利越过冷启动期,我们的人工智能推荐技术,让他们发布的内容到达感兴趣的人群,从而获得流量和粉丝。今日头条总日活用户超过1亿,单用户日均使用时长超过76分钟,具有较高的用户黏性,这些都是大V和KOL流量和粉丝的源泉。

对于普通用户来说,他们也有表达欲和追随欲。微头条要做的,就是通过产品和运营的机制来挖掘和满足他们这方面的需求。

有位出租车司机告诉我,他是今日头条的忠实用户,而且发布的一条评论还获得了几千的点赞量。说这话的时候,他的语气里透着发自内心的自豪。从这件小事可以看到,普通用户其实是有表达欲望的,一旦这种表达欲望被认可,他的成就感是极大的。而表达既可以通过评论来满足,也可以发条微头条来完成。

那些为这位出租车司机点赞的,某种程度上就是他的潜在追随者和关注者,只要他们知道,加关注后就不会错过这个人的任何一条动态,就一定会形成关注习惯的。

Q:微头条自推出以来,很多人都认为其是一个类微博的产品。微博此前也在原有社交分发的基础上发力个性化推荐,微头条如何看待两者间的竞争?另外引述知乎网友的问题,微头条未来会取代微博吗?

王一波:微头条与微博的出发点和机制并不一样,用户的重合度也很小,可比较的地方其实并不多。

不过,我们对微头条内容是不做任何截流的。另外,即便粉丝数量不多,只要微头条的内容好,就能获得推荐,甚至会推给更广泛的人群。而且如果你愿意跟其他用户互动,微头条帖子的热度也会相应提高。

我们希望用户把精力放在打磨内容与优质互动上,所以微头条上的关注度会急剧地向输出好内容的人聚集,“走红”的时间缩短,即使普通人也容易出头。可以预见,微头条的平台上会出现一批腰部网红。

而微博上很多大V是靠名气来吸引粉丝,譬如各种娱乐明星,而普通人就需要慢慢地通过运营来积累粉丝了。

Q:在外界看来,今日头条对内容创作者和人才的扶持方面,向来非常大方。比如,头条号有“千人万元”计划,短视频投放10亿元补贴创作者等。但是BAT等大公司都在加大对内容创作者在资金、流量方面的扶持,那么微头条对创作者会有怎样的扶持政策?

王一波:现阶段对微头条的用户来说,最急需的资源其实是流量和粉丝。我们每天会拿出亿级流量对部分新用户和平台上发展较好的用户进行冷启动扶持,每个月将有数以千计的用户获得这一优质资源。

Q:对于很多内容平台来说,前期都会最大程度的获取用户,但是随着用户数量达到一定的量级后,后期平台的变现能力也是内容创业者考虑的重要因素。目前,头条系产品抖音已经开启了商业化的大门,那么微头条会如何帮助用户变现?具体来说,微头条会尝试哪些商业模式?有没有业绩考核指标?

王一波:我们已经注意到用户在变现方面的需求,微头条允许用户发布营销信息。同时,我们也有其他的帮助创作变现的模式在探索中,更多的细节,包括是否设立业绩考核指标,目前都还在进一步完善,不方便对外披露。

Q:在中国的社交产品市场,腾讯旗下的产品几乎占据了大部分人的时间。其中,像微博、知乎、陌陌等垂直化的社交产品还是取得了不错的成绩。但是这些产品都或多或少的经历了各种成长的烦恼,那么未来微头条的想象空间在哪里以及有多大?

王一波:微头条的想象空间在于,头条将数亿用户通过信息连接之后,再让他们之间建立关系、产生互动,实现人人创作和表达。我们还会引进社会各界人士、各类机构,让用户可以在今日头条找到任何想找到的人、机构,关注他们,和他们互动。微头条还是一个刚起步的产品,目前处于快速成长期,需要做的事情还有很多。

Q:未来,微头条在用户体验、智能推荐方面还会进行哪些尝试?目前正在进行的有哪些?

王一波:今日头条已经拥有领先的智能推荐技术,并积累了大量数据。微头条希望利用大数据和智能推荐让获取粉丝、内容粉丝触达都更高效,让用户互动更加智能、便捷和高效,也是目前正在做以及未来将要进行的探索。

続きを読む

Wechat、Weibo(微信)以外に、WeBuzz(微头条)もビジネスの実力者たちにとって、その声を伝える主要なプラットフォームの一つとなっている。

ある時期を境に、JD.com(京东)のトップである劉強東氏、アリババ大文娯の俞永福氏、シャオミー(小米)CEOの雷軍氏、世論の渦に巻き込まれている賈沃亭氏などが、Toutiao系列の系WeBuzzという製品により最新の会社の動向や個人の情報を発表している。

例を挙げると独立の日以降、俞永福氏の辞任と創業の記事は最も注目された記事の1つとなり、同時にWeiboとWeBuzz上でも反応があった。劉強東氏はWeBuzz上の発表はより頻繁だ。1日に何度も投稿し、Weiboの投稿を上回っている。雷軍氏のWeiboでのコメントはリコメンドされるが、そのWeBuzzの内容更新も遅くはない。

ある製品においてユーザーの滞在時間は、多くの場合における製品の成否を決定付けるものである。どのようにしてユーザーを持続的に、満足させつつ、貴重な時間を費やしてもらえるようにするのか、或いはユーザーが何かしらその製品を必要と考えることは、製品の優劣を判断する基準の1つとなっている。現在のビジネスの実力者たちの使用状況を見てみると、初期段階のWeBuzzは上々の出来と言えそうだ。

WeBuzzはどのような製品なのか、多くの人が良くわかっていないのではないだろうか。この製品は今年の4月に発表されたばかりで、現在ようやく半年が過ぎたところだ。実施的にToutiao系のUGC(User-generated Content、ユーザー生成コンテンツ)製品であり、SNSに属する。ユーザーはWeBuzzからショートコンテンツ、インタラクションによりネットワークを構築し、フォロワーを獲得できる。例えて言うならば、Weiboと似たようなものである。

どうしてWeBuzzという製品が発表されたのだろうか。まずWeBuzzはmp.toutiao.comのコンテンツを補足し、より洗練するものだ。優良なmp.toutiao.comのコンテンツはAIの技術により支えられ、多くの場合において数十万から100万を超えるPVを獲得できるが、それぞれの文章を他者へリコメンド出来ない。しかし、勧められなかった文章については、PVの量は保障されるものではなくなってしまう。しかし、フォロワーが付けば、PVは保証され、更にスマートにリコメンドされ、多くの人が目にすることが出来る。全体的な製品のロジックとは 「フォロワーが保証し、リコメンドを加える。」というものである。

また、WeBuzzはコンテンツを制作するmp.toutiao.com内の作者に限られず、自分の意見を発表したい一般ユーザーも参加することが可能だ。例えば、あるタクシーの運転手がいると、いいね!というインタラクションを受けることで大きな満足感と充実感を得られる。これはつまり、どのような小さな個人であっても意見の発表及び支持される欲求があることを意味する。WeBuzzが行うのは製品と運営のメカニズムを通してこのような方面のユーザーのニーズを満たすことにあるのだ。

当然ながら、WeBuzzは大きな情報拡散の背景及び業務的な要素についても発表している。張一鳴氏は去年の初め頃のToutiaoのメディア未来サミットにおいてこのように述べた。情報フィルタリングとは、1つにSNSのネットワークや各個人によるリコメンドによって好みのコンテンツを友人に与えていくことであり、みんなで編集の仕事を行うことであり、同時に友人からリコメンドされたコンテンツを消費することである。2つ目はAIのリコメンドやデバイスにより、自分の興味ある分野を知り、コンテンツをリコメンドしてもらうということである。この2つの方法は情報の拡散効率を大幅に高める。そして、WeBuzzがその応用例である。

この他にも、ひと月前に張一鳴氏より踏み込んだ回答があった。当時のPR活動において、CGVキャピタルの共同経営者の童士豪氏は「ToutiaoがどうしてSNSの製品と転換したのか?」を尋ねた際、張一鳴氏は以下の2点を回答した:1つは、業界はOGC(Occupationally-generated Content、職業生成コンテンツ)からUGCへと進化し、コンテンツ製作者は業界のため自らを変革したということ。もう1つは、業務的な流れであったということだ。

たとえ張一鳴氏が業界の発展の方向性及び業務の融合について理解が深く、Toutiaoの1億級/日のトラフィックがある製品だとしても、SNSメディアは既にFacebook、Wechat、Weiboの大手で溢れ、携帯のようにレッドオーシャン中のレッドオーシャンと言える。WeBuzzにとっては、このように熾烈な競争環境でシェアを獲得するということは容易ではない。

Toutiaoが登場したとき、ほとんどBATに無視されていたが、その困難を打開するというDNAは常に流れ続け蔓延していった。今日までに発展の中で、多くの製品の成功が勝者としてより引き立てている。注目するべきは、他社と比較してToutiaoは多くの場合より苛酷と思われる手段を選択していることだ。ニュースのプラットフォーム又はショートビデオあるいはSNSの市場でも既に大手が林立している。しかしToutiaoは直接参入し、会社に「共通の敵」という役割を与えているのである。

網易CEOの丁磊氏は、先日36Krのインタビューを受けた際、「網易は携帯には参入しません。皆、中国が既に先進的ということがわかっているからです。我々は中国の多くの業界が出来なかったモノを最高のレベルまで高めたいのです。」と述べた。確かに、Toutiaoは全く違う手段とルートを選んでいた。ではToutiaoの業界参入の基準となるコア判断条件とは何だろうか?何がToutiaoのボーダーなのだろうか?

《孫子の兵法書》には、「勝兵はまず勝ちて、しかる後に戦い、敗兵はまず戦い、しかる後に勝を求む。」とある。では、Toutiaoは前者と後者のどちらだろうか?

WeBuzzはどのようにして半年という短い時間で、ビジネスの実力者やネットの著名人を加入させることが出来たのだろうか?WeBuzzはどのようにしてコンテンツ製作者を支え、収益化を行うのだろうか?WeBuzzはどのようにしてWeiboとの一触即発の関係を処理したのだろうかWeBuzzのパン・ソーシャルは既に天井に行き着いたのだろうか?または未来の理想的な空間をどのように描いているのだろうか?先日、WeBuzz運営総監の王一波氏が36Kr独占インタビューを受け、これらの問題について答えていただいた。

以下、WeBuzz運営総監王一波氏と36Krのインタビュー記録:

Q:Toutiaoのトップページには、それぞれのソースごとの文章、動画などのコンテンツを閲覧できます。その中にはWeBuzzユーザーのコンテンツもあります。この製品は今年4月ごろに発表されたものですが、Toutiaoが当初WeBuzzを売り出そうと考えた理由は何でしょうか?

王一波:これはToutiaoのコンテンツの拡散メカニズムのレベルアップが関わっています。我々は “個性化リコメンド”から “フォロワーが保証し、リコメンドを加える”へと移行している最中です。

Toutiaoにはフォローの機能が存在し、多くのコンテンツ製作者の活動において多くのフォロワーを蓄積し続けていきました。フォロワーの価値をどうやって体現するのか?“WeBuzz”はこのコンテンツ製作者とフォロワーの価値を最大限に高める製品なのです。

WeBuzzのアカウントとmp.toutiao.comは相互接続します。コンテンツ製作者のためにフォロワーと高度のインタラクティブ可能なプラットフォームを提供し、mp.toutiao.comの文章がフォロワーに触れる機会がより高まっています。AIのリコメンドに加えて、SNSへの分散メカニズムがあることを意味します。

二重の分散メカニズムによって、コンテンツ製作者たちのコンテンツにはフォロワーのグループが作り出す、絶対的なPV量が存在します。そして、AI技術により、更に広範囲なグループへと拡散されるのです。つまりこれが「フォロワーが保証し、リコメンドを加える」ということです。

コンテンツ製作者へのよりよいプラットフォームの提供のほかに、WeBuzzでは、現実生活の有名人、特色ある人を呼び寄せ、WeBuzzに断片的なショートコンテンツを発信し、その他のユーザーは彼らをフォローし、インタラクションします。これらの人材の加入とショートコンテンツの発信はToutiaoのコンテンツ環境を更に完成へと近づけるでしょう。

Q:現在のToutiaoはニュース発信のプラットフォームというだけでなく、傘下でも悟空問答、西瓜動画、Douyin(抖音)、火山小動画などの一連の製品が成功を収めています。では、WeBuzzはどのような位置づけなのでしょうか?WeBuzzはあらゆるToutiao系の製品の中でのどのような役割なのでしょうか?WeBuzzの比較対象となる製品はあるのでしょうか?

王一波:WeBuzzの位置づけはToutiaoのSNSメディアとしての製品であり、フォロワー経済を主に体現するものです。ユーザーはWeBuzzを通してショートコンテンツ、インタラクションを発信し、ネットワークを構築し、ファンを獲得します。WeBuzzがあることで、Toutiaoは高度な情報データ発信のプラットフォームには留まらず、フォローとインタラクションのプラットフォームにもなるのです。

Toutiaoにとっては、WeBuzzによってSNS拡散のメカニズムが加えられ、コンテンツ発信のネットワークがより完備されました。コンテンツ製作者にとっては、WeBuzzが彼らの迅速なフォロワー獲得をサポートし、コンテンツの効率的なファンとの接触を保証し、それにより彼らのToutiaoのIDがより価値を持つようになります。一般ユーザーにとっては、単なる読者としての身分から脱却し、Toutiaoが備えるSNS環境の中で、自分の好きな有名人やコンテンツ製作者とインタラクションが可能となるのです。

WeBuzzはAIによるリコメンド技術により、ユーザーのコールドスタート期間をサポートするものです。この角度からみると、比較対象となる製品は無いといえます。

Q:半年あまりの発展を経て、WeBuzzは多くの人に知られるようになりました。これまでにも、JD.comのトップである劉強東氏、アリババ大文娯の俞永福氏、または世論の渦に巻き込まれている贾跃亭氏などのビジネス界の著名人であっても、WeBuzzでの発信を行っています。現在、新規ユーザーの数やその特徴など、WeBuzzのユーザー全体の状況はどのようになっているのでしょうか?

王一波:WeBuzzは敷居やコストが低いコンテンツ制作の手段です。我々のユーザーはコンテンツを制作するmp.toutiao.comの製作者に囚われることなく、意見を発表したい一般ユーザーでも加入できます。同時に、一連の著名人、専門領域の専門家、最高レベルのメディア、各政府部門、著名企業などの加入を促しています。現在、既に加入済の最高レベルの著名人は5000人を超え、各種認証ユーザーの累計は8万を超えています。

Q:WeBuzzのプラットフォーム上では、ユーザーが発信するコンテンツはどのような特徴があるのでしょうか?またどのようなコンテンツが歓迎されるのでしょうか?SNS拡散とリコメンドを経て、最も歓迎されるコンテンツではそのトラフィックやフォロワーについて、例えば特徴的なユーザーの存在や、リコメンドのメカニズムの存在など、どのような増加の動きが見られるのでしょうか?

王一波:mp.toutiao.comと比較すると、WeBuzzユーザーが発信するコンテンツは断片的なショートコンテンツを主とし、人格化の特徴がより現れています。人気が高いユーザーが発信するWeBuzzから判断すると、有名で、内容が面白く、有意義なコンテンツがより注目を集め、他者も彼らとのインタラクションによる交流を望んでいるようです。この点においては、著名人も一般人の同様の特徴が表れています。

例を挙げると郭德綱氏など彼の発信するWeBuzzは、自己の演出とその考え方を記録したものであり、フォロワーとのインタラクションでは、ほとんどネガティブな批評がありません。郭德綱氏本人もWeBuzzの同様の内容を別のプラットフォームに発信した時とWeBuzzで得られた批評が異なると驚いていました。仮に、他社のSNSプラットフォームで郭德綱をフォローするとわかると思いますが、WeBuzzは現在唯一の完全な開放的プラットフォームなのです。

前協和医院産婦人科の医師だった章蓉娅氏は、顔面偏差値の高い投稿者で、良くも悪くも彼女の発信するWeBuzzの一文を見ないと眠れないという多くのユーザーがいるのです。

更には陳慶華医師が院長を担当する産婦人科の病院は江蘇省の泗洪県にあり、ほとんど大部分の中国人が聞いたことも無いような県です。しかし彼女はWeBuzz上で全国各地に40数万のフォロワーを抱えています。彼女の仕事の空き時間で科学的な産科の知識でネットユーザーの質問に答え、焦り募る夫婦をなだめるなどして、産婦人科の病院での様々な人生が描写されています。更には、ある鄭州のフォロワーが遠くから車を走らせ泗洪にやって来て、彼女の診断を受けました。

コンテンツが受け入れられるほど、注目度が高まり、デバイスにより自動的に広範囲のグループへ全面的に広められる、いわゆるバズが生み出されるのです。フォロワー拡大への効果は非常に高く、あらゆるユーザーへの使用に適しています。

Q:SNSメディアの分野では、Facebook、Wechat、Weiboなどのユーザーが存在し、これらはビジネスの方法も成熟した製品です。WeBuzzはこれらのSNSメディアの製品と競争が出来るでしょうか? WeBuzzがこの分野に参入するにあたっての優位性とは何でしょうか?

王一波:現在、我々が目にするSNSは大きく2つに分けられます。——一つはFacebook、人人網を代表とする既知の友人とのSNS、初期のWeiboも既知の友人とのSNSでした。もう1つは陌陌、探探を主とする未知の友人とのSNS及び専門分野でのSNSです。

位置づけとしては、WeBuzzはこの両者を介する “パン・ソーシャル” といえます。これはいわゆる「神交」と昔言われていたものであり、つまり個人の趣味嗜好、価値観などによって関係性が構築されるものです。Weiboは現在でもパン・ソーシャルの要素がありますが、著名人などに偏っています。

WeBuzzがパン・ソーシャルとして優位なのは明らかです。まず我々のトラフィック——Toutiaoのプラットフォーム上に集積する大容量のユーザーは多くが批評セグメントで活躍し、非常に強力なSNSのプロパティといえます。しかし、ユーザー間には特にネットワークが形成されている訳ではありません。次に、我々の技術です。過去の「神交」や知音などは、コストが非常に高く、友人かどうか判断するために多くの時間とコミュニケーションが必要でした。しかし、ToutiaoのAIの技術は無数の人の海からあなたの潜在的な「神交」を探し出してくれるのです。

WeBuzzはより効果的なパン・ソーシャルと言えるのです。

Q:私たちは、劉強東氏がWeBuzzのアカウントを作り半年余りの時間で、フォロワーが152万人に達したことに注目しています。一方で、彼の7年が経過したWeiboのフォロワーは365万人です。その他のSNSと比較すると、劉強東氏はWeBuzz上でのコメント発表頻度が高く、フォロワーのインタラクション量も大きいです。WeBuzzはどのような方法で有名人、ネットの著名人、KOLユーザーが加入するように仕向けているのでしょうか?またどのようにしてユーザーの活発さを維持しているのでしょうか?

王一波:我々は各ネットの著名人やKOLユーザーの加入を常に歓迎しています。新しく加入した著名人は例えフォロワーがいなくても、コールドスタート期間を切り抜けることが出来るのです。我々のAIリコメンド技術は、彼らが発信するコンテンツをその分野に興味を持つグループへ届け、それによりトラフィックとフォロワーを獲得できるのです。Toutiaoの総デイリーアクティブユーザーは1億人を超え、単一ユーザーの使用時間は76分を超え、比較的多くのロイヤリティーユーザーが存在し、これらが著名人やKOLのトラフィックやフォロワーの源です。

一般ユーザーにとっては、彼らには情報発信の意欲とフォローしたいという欲求があります。WeBuzzの役割は、製品と運営メカニズムによってこの方面のニーズを満たすことにあるのです。

あるタクシー運転手の話によると、彼はToutiaoのロイヤリティーユーザーであり、発信する批評も数千の「いいね」が得られます。この話をするときの彼には、心の中の自信が現れていました。このことから、一般ユーザーにも意見を発表したいという思いがあることが見受けられます。このような思いは一度受け入れられると、彼の充実感は非常に大きくなります。また、自分の意見が批評されることで満足し、WeBuzzに発表されることで完了します。

このタクシー運転手に「いいね」をつけたのは、ある意味では彼が潜在的なフォロワーであることを意味します。彼らが知り、フォローすることであらゆる活動を見逃すことは無く、フォローするという習慣が形成されるのです。

Q:WeBuzzの発表以来、多くの人がWeiboと似たような製品だとみなしていました。Weiboは以前にもSNSにより拡散の基礎において個性化リコメンドを加えていました。WeBuzzは両者の競争をどのように捉えているのでしょうか?また知乎のネットユーザーからの質問ですが、WeBuzzはWeiboに取って代わることになるのでしょうか?

王一波:WeBuzzとWeiboの出発点とメカニズムは異なります。ユーザーの重複も少なく、比較できる箇所が多くないと追うのが現状です。

しかし、我々はWeBuzzのコンテンツに対してコントロールするという事は致しません。また、例えフォロワーが多くなくても、WeBuzzのコンテンツさえ良ければ、リコメンドされることなり、ひいてはより広範なグループへと拡散されるのです。その上、その他のユーザーとのインタラクションも行うことができるため、WeBuzzのポストの注目は相対的に高まっています。

我々はユーザーがコンテンツへの研鑽と優良なインタラクションを行ってくれることを望みます。そのためWeBuzz上で注目度が急速に高まり、良好なコンテンツ製作者の関心をひきつけているのです。 “バズる”時間も短縮され、一般人であっても頭角を現すことができます。今後、WeBuzzのプラットフォーム上に有力インフルエンサーが登場することが予想されます。

一方で、Weiboの多くの著名人、例えばエンタメ系の有名人はその名声でフォロワーを集めています。しかし、一般人は徐々にフォロワーを獲得できるようマネジメントする必要があるのです。

Q:外部から見ると、Toutiaoはコンテンツ製作者と人材のサポートにおいて非常に積極的に取り組んでいるように見えます。例えば、mp.toutiao.comには「千人万元」という計画がありますが、この中でショートビデオに10億元を投資しコンテンツ製作者を支えています。しかし、BATなどの大企業がコンテンツ製作者に対する資金・トラフィックについてサポートしています。では、WeBuzzコンテンツ製作者に対してどのようなサポート政策があるのしょうか?

王一波:現段階では、WeBuzzのユーザーにとって最も必要なリソースがトラフィックとフォロワーです。我々は1日当たり1億レベルのユーザーのトラフィックで新しいユーザーとプラットフォーム上でのコールドスタートからの発展をサポートしています。毎月、月間数千ものユーザーがこれらの優良なリソースを獲得します。

Q:多くのコンテンツを運営するプラットフォームにとっては、初期は最大限多くのユーザーを獲得しようとします。しかし、ユーザーが一定数量に達すると、その後はプラットフォームの収益化能力もコンテンツ製作者が考慮する重要な要素となりえます。現在では、Toutiao系製品のDouyinはビジネス化するべく動き出しているようですが、ではWeBuzzはどのようにしてユーザーの収益化をサポートするのでしょうか?具体的には、WeBuzzはどのようなビジネスモデルを試みるのでしょうか?業績の指標はあるのでしょうか?

王一波:我々はユーザーの収益化へのニーズに着目しています。WeBuzzはユーザーによるプロモーションの情報発信を許可しています。同時に、我々には他にも収益化をサポートする方法を模索しています。業績指標などの詳細については内容を詰める必要があるので現在は発表できません。

Q:中国でのSNS市場にとっては、テンセント傘下の製品が大部分の人の時間を占めています。そのうち、Weibo、知乎、陌陌のような専門的なSNSは優秀な結果を残しています。しかしこれらSNSもある程度は成長の中での問題もありました。では将来のWeBuzzの理想とする環境はどのようなもので、規模はどの程度でしょうか?

王一波:WeBuzzの理想とする空間は、Toutiaoにより数億のユーザーを情報で接続し、彼らの間でネットワーク、インタラクションを構築し、コンテンツ創作と発表を促すことです。我々は各社会の著名人、組織を呼び寄せて、ユーザーにToutiao内であらゆる必要な人、組織と繋ぎ、彼らをフォローし、彼らとインタラクションさせます。WeBuzzはまだまだ、創業段階の製品で、現在急性長期にありますが、やらなければならないことはたくさんあります。

Q:将来、WeBuzzはユーザーの体験、スマートなリコメンドといった方面でどういった試みがあるのでしょうか?現在進めていることはありますか?

王一波:Toutiaoは既に先進的なスマートリコメンド技術を備え、多くのデータを蓄積しています。WeBuzzは今後ビッグデータを利用し、スマートリコメンドと組み合わせて、フォロワー獲得、コンテンツのフォロワーへのリコメンドがより効率的になるようにしていまいります。現在もユーザーのインタラクションは、よりスマート、迅速化、効率化されるように進めており、今後も模索してまいります。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More