短信

アリババ、新型コロナウイルス対策支援「デジタル防疫システム」自治体と共同リリース

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月6日、中国IT大手のアリババは浙江省に続き、湖北省、湖南省、貴州省、河南省、天津市、江蘇省、河北省など28の省・自治区・直轄市と提携し「デジタル防疫システム」を構築した。アリババの説明によると、このシステムは、住人、地域コミュニティ(社区・街道)、医療・疾病予防管理、行政事務管理など4つのモジュールで構成され、20数種類の機能を有する。各地域の住民及び感染症管理予防機関は、新型コロナウイルスの流行状況に関する情報収集、自発的な申告及び感染ルート報告、医療観察サービス及び管理、流行のリアルタイム動向、オンラインスマート問診、同一旅程者照会などの機能を活用し、デジタル化された感染症予防管理ができる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録