中国自動運転スタートアップ「Pony.ai(小馬智行)」、トヨタなどから約500億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国自動運転スタートアップ「Pony.ai(小馬智行)」、トヨタなどから約500億円を調達

続きを読む

自動運転技術トップクラスの中国スタートアップ「Pony.ai(小馬智行)」が、シリーズBで4億6200万ドル(約508億円)を調達し、調達後の同社の評価額は30億ドル(約3300億円)強に達した。今シリーズには、トヨタ自動車が出資する4億ドル(約440億円)が含まれ、それ以外の6200万ドル(約68億円)については出資者は未公表。

Pony.aiは2016年末に設立され、2018年12月にロボタクシーのパイロットプロジェクト「PonyPilot」を発表すると共に、広州市南沙区でいち早く都市公道におけるロボタクシーの通常運行を試行し、中国市場でロボタクシーサービスを提供する初の企業となった。2019年11月には米カリフォルニア州でも初めての一般市民向けロボタクシーサービスを開始している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録