OYO、世界で5000人削減へ、新型コロナの影響で中国では約3000人も

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

OYO、世界で5000人削減へ、新型コロナの影響で中国では約3000人

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ソフトバンクの出資を受けているインド発格安ホテルチェーンのスタートアップ「OYO」が、世界で約5000人の従業員削減を計画していると報じられた。このうち、約3000人は中国の従業員。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、同社の中国事業は深刻なダメージを受けた。関係筋によると、現在OYOは中国で約6000人のフルタイム従業員を抱えているとのことだが、新型コロナウイルスの影響により、その約50%を削減する計画を立てている。約4000人のパートタイム従業員に関して、一部は解雇するが事業の回復ができた後に再雇用するという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

UNLEASH TOKYO

36Krは東京都の魅力を海外に発信する注目イベント「UNLEASH TOKYO」に協力しています。 3月9日(火)-11日(木)の3日間、様々なゲストを交えて14時から開催します。 36Kr CEOも登壇するのでぜひご覧ください!

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録