WebはAR/VRの新天地になり得るか?

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー

WebはAR/VRの新天地になり得るか?

Web会是AR/VR的新大陆吗?Facebook这么想,UC也开始这么做了

Web会是AR/VR的新大陆吗?Facebook这么想,UC也开始这么做了虽然现在的AR/VR并没有一年前那样火爆,但如今AR的成熟度早已经远超去年。无论是苹果、谷歌都拿出了自家的AR平台,使得在iPhone、安卓手机端体验AR玩法成为粘手即来的事情。与移动端AR备受追捧相对的是,本是同根生的Web端AR却冷落非常。但是伴随着Web技术的逐渐发展,如何打通Web端AR/VR能力,让开发者在H5中就能实现与专业AR/VR设备、App一样的AR/VR体验,逐渐又被大公司们提上日程。
事实上,如果从目前AR体验的实现方式,不外乎以下三种:

1、AR专业设备,比如AR头盔或者AR眼镜,但设备较昂贵,对场地要求高,不利于AR技术的普及推广;

2、智能终端上的AR应用,但问题在于封闭性、跨平台成本高;

3、Web AR,适应性强,但是也存在较多问题。

对于消费者来说,前两种方式感知比较明显,对Web AR/VR的认识就很浅层。但是从现在开始,即便作为一个消费者和普通用户,也逃不掉Web AR的覆盖了。

原因很简单,Web AR的适应性强,开放程度高,符合当前消费者的消费心理习惯,甚至触及更多的受众群体,尤其适合运用在市场营销和广告等商业化的行为中,商业潜能巨大。

如果你有留意今年的双11,一定会关注到天猫晚会上的AR +VR“把明星送你家”玩法,同时在双11期间阿里还将AR技术运用到了很多场景,给用户更好的体验。例如通过阿里旗下的UC双11期间推出的Web AR“AR表情红包”项目抓取了不少人的眼球。

Web会是AR/VR的新大陆吗?Facebook这么想,UC也开始这么做了

当你在体验这些有趣玩法的同时,一定想不到这种AR玩法背后是UC提供的技术。以AR红包为例,就基于UC 的Web AR框架实现。页端使用自研的Tofu.js 框架,以Native的效率调用人脸识别算法,拥有对摄像头的完整控制力,通过GPU高性能的渲染摄像头数据,也有完整的识别数据处理模块和有完整视频流能力。

众多AR玩法中,UC主打的Web AR/VR解决方案,有点反其道而行之的意思,但是如果配合阿里巴巴庞大的场景落地,也就很容易理解了。

在阿里系App中,UC的Web AR解决方案已经服务了包括手淘、天猫、支付宝等产品,并产出了支付宝蚂蚁庄园、蚂蚁星星球等AR体验项目中,UC提供了Web AR的底层技术,为星星球中与小鸡对打的游戏,提供真实环境。

除此之外,淘宝联合百安居打造的AR项目也是源于UC Web AR解决方案的支持。

进入百安居B&T Home上海沪太店,“刷脸”AR购物之旅便开始了。看向店内任一“云屏”,1秒即可登陆购物账号,查看和加购商品。受制于空间,无法展示到位的样板间,也可以通过云屏向顾客展示。点击云屏的360°全景复刻系统,360°无死角环绕、近乎真实场景的呈现方式,桌上一朵鲜花都能精细显示,你甚至可以把桌椅、每一幅装饰画、甚至每一只靠在线加入购物车。

Web会是AR/VR的新大陆吗?Facebook这么想,UC也开始这么做了

事实上,看似简单的购物体验,背后却是不简单的技术积淀。比如,这其中就使用了UC自研的Tofu.js 框架,以Native的效率调用人脸识别算法,通过GPU高性能的渲染摄像头数据,以及识别数据处理模块,解决了目前Web-AR面临的问题。

不可否认,AR已经是新一代人机交互方式的典型玩法,几乎所有巨头都在加码AR,比如苹果的ARKit,Google也发布了ARCore,中国的BAT们也都有各自的AR解决方案。

很显然,在网页端实现AR/VR效果,要比专门下载一个App更直接,Google、Facebook这么想,UC也开始这么做。

比如,如今的Facebook已经在尝试将Web VR效果加入到Facebook的信息流中,进一步实现在网页端实现原生App的VR效果。

如果说移动端AR/VR扩充AR/VR的使用场景,更多满足的是消费者诸如游戏、活动的个人体验,那么Web AR/VR实现的是降低传播推广门槛,帮助大公司商业化的一个有效手段。

続きを読む

AR(拡張現実)/VR(バーチャルリアリテイ)は1年前のような爆発的な勢いはないが、ARの成熟度は既に昨年を超えている。
アップルであれグーグルであれ、独自のARプラットフオームを用意し、iPhoneやアンドロイドスマートフォンによるARの利用を手放せない状態にしている。
そうしたモバイルデバイスARの人気に比べ、webARには今のところ閑古鳥が鳴いている。しかし、Web技術の発展に伴い、WebAR/VRの性能をいかに高めるか、AR/VR専用端末やARアプリと同様のAR/VR体験を、H5上でいかに実現するか、これらのタスクが、企業の関心の対象になりつつある。 実際、現在H5のAR体験を実現するには、以下の3つの方法以外にはない。
1.ARの専門設備、例えばARヘルメット、ARメガネ。しかしそれらは比較的高価で、その要求レベルも高く、ARの技術の普及には不利。
2.スマート端末上でのARアプリ。しかし、閉鎖的でクロスプラットホームのコストが高い。
3.WebAR。適応性は高いが、多くの問題点あり。

消費者にすると、この前者2つを認識するのは比較的簡単だが、WebAR/VRへの理解は非常に浅いだろう。しかし、これからは、一般ユーザーであってもWebARの影響を免れることはできないだろう。
その理由は簡単で、WebARの適応性、開放性の高さ、現在の消費者心理にマッチしていること、より多くのカスタマーにリーチできることなどが挙げられ、とりわけマーケティングやコマーシャルといったビジネスアクトにおいて大きな可能性を秘めている。
今年の独身の日(11月11日)に、T-Mallのイブニングパーティーで発表されたAR+VRによる“自宅にスターを届ける”ゲームに、注目なさったかもしれない。独身の日にアリババは他にも多くの場面でARを使い、ユーザーが更に良い体験をできるようにした。例えば、アリババ傘下のUCが独身の日に発表したWebARによる“AR表情お年玉”は、多くの人の注目を集めた。

あなたがこの面白い新技術を体験している時に、その背景にUCの技術があることには気が付かないだろう。“AR表情お年玉”を例にとってみると、それはUCのWebARフレームワークに基づいて実現されている。独自開発のtofu.jsフレームワーク、Native顔識別アルゴリズム、カメラに対する完璧なコントロールアビリティ、GPUによるカメラデータの高性能レンダリング、データ識別CPM、動画生成アビリティが挙げられる。
そうしたARゲームにおける、UCのWebAR/VRというソリューションは、見たところ逆手をいくようにも見えるが、アリババの巨大な最終目的を考えるとき容易に理解することができる。
UCのWebARソリューションは手淘、天猫、支付宝といったアリババグループ傘下アプリプロダクトにおいてすでにサービスを提供しているし、支付宝の蚂蚁庄园、蚂蚁星星球等のARエクスペリエンスにおけるWebARボトムデザインにより、小鳥とのスターウォーズにリアルな環境を提供できているのだ。
その他にも、淘宝と、提携するB&T(百安居)によるARプロジェクトもUC WebARソリューションによるものである。
百安居B&T Homeの上海沪太店に入ると、“顔認証”によるAR買い物の旅が始まる。店内にある”クラウドスクリーン”に顔を向けると1秒でアカウントにログインし、商品を捜して購入することができる。展示スペースの関係で、実際に展示できないモデルルームも、そのスクリーンを通してカスタマーに展示される。「360度全体閲覧」をクリックすると、360度死角無しのサラウンド画像による、非常にリアルな情景が表示され(テーブル上の一輪の花まで高精細)、カスタマーはテーブルや椅子、装飾アート、その他すべてをオンラインで買い物カートに入れることができる。

実際、一見簡単な買い物体験においても、その背後には複雑な技術の蓄積がある。前述したUC独自開発のtofu.jsフレームワーク、Native顔識別アルゴリズム、GPUによるカメラデータの高性能レンダリング、データ識別CPMが、WebARの直面する問題を解決している。
疑いの余地なく、ARは新しいヒューマン・コンピュータ・インタラアクションによる典型的な技術になっており、アップルのARkit、グーグルのARCoreのように、ほとんどのテック巨人はAR技術の開発を強化しており、中国のBAT(注:百度、アリババ、テンセントの頭文字)もそれぞれ各自のARソリューションを持っている。

明らかに、ウェブサイト上でのAR/VR効果は、AR/VRアプリをわざわざダウンロードするより直接的であると、グーグルやフェイスブックは考えており、UCもそれを始めている。
例えば、フエイスブックは既にWebVR効果をそのインフォメーションフローに取り入れるテストをしており、アプリのVR効果をWebページ上で実現したいと考えている。
モバイルデバイスAR/VRが、AR/VRの利用範囲を広げた、というなれば、それはゲームやアクティビティにおけるユーザーの需要を満たすものといえるだろう。それに対し、WebAR/VRの実現は、AR/VR利用のハードルを低めるものとなり、企業マーケティングの効果的なメソッドになり得る。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手