伝染病予防に活用するブロックチェーンアプリ、中国を中心に20個以上が公開

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

伝染病予防に活用するブロックチェーンアプリ、中国を中心に20個以上が公開

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ブロックチェーンに関するデータやレポートなどを提供する「互鏈脈搏研究院(IPRI)」の概算統計によると、2020年2月、全世界で42個のブロックチェーンアプリが公開されたとのこと。そのうち、感染症予防目的のアプリが26個、全体の61.9%を占めた。地域別では、中国で公開されたブロックチェーンアプリが、前期比27.6%増の37個だった。医療、企業向けサービス、公共福祉、行政分野において、ブロックチェーンアプリは主に感染症の予防管理に活用されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録