百度が年内に自動運転ミニバスの量産を開始しAIハードウェア3機種のリリースを発表

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー

百度が年内に自動運転ミニバスの量産を開始しAIハードウェア3機種のリリースを発表

百度的中国速度和野心:年内无人驾驶小巴量产,发布3款AI硬件|CES 2018

美国拉斯维加斯时间1月8日14时56分,百度在CES的发布会达到高潮,这股热度源自现场连线的大洋彼岸的北京——北京时间凌晨6时56分,搭载百度Apollo无人驾驶系统的车排成一队,在园区中行驶:一辆驾驶位空置的L3轿车载人完成了一个平顺的掉头,后面跟着无方向盘的L4小巴士(预计今年量产)、去年9月已经在北京奥林匹克森林公园投入使用的无人驾驶清洁车,甚至还有一辆半人高的自动驾驶送货车,在寒冷的清晨开过来给测试工程师送了条深蓝色围巾。这是百度首次把各种搭载Apollo系统、不同功能的车型放出来一起秀。根据百度的规划,2018年跟金龙客车合作的无人驾驶微循环巴士将实现量产,2019年推出与江淮、北汽合作的自动驾驶车型;2020年推出与奇瑞合作的自动驾驶车型。“这就是我们的中国速度,这只是我们的起步阶段,我们的速度越来越快,而且会驶向未来。”陆奇说。此外,去年11月,Apollo成为科技部首批国家人工智能开放平台后,百度自诩为“国家队”。这些都从侧面解释了1年前陆奇离开微软,在百度最低谷时加入,究竟看到了什么远景——“百度是中国的谷歌,DuerOS是中国的Alexa,甚至更多。”
他认为AI是结合了算法、软件和硬件能力,具备自动学习能力、可以解决问题的系统,而只有拥有非常多的数据,才能打造自动驾驶系统。中国有超过4亿家庭,2亿辆车和11亿智能手机用户、7.5亿网民源源不断地制造着数据,加之中国政府的政策扶持,中国将在AI上更多更快的推动创新。

所谓的“All in AI”战略,百度的下一步打算,是利用AI改变和创新当前的核心业务,即搜索、手机百度的个性化信息推送,以及爱奇艺的视频娱乐服务。不过当然,核心还是DuerOS人机交互系统以及Apollo无人驾驶系统两大生态平台。

1

从陆奇在发布会上的演讲篇幅来看,显然他对Apollo情有独钟,且在百度的诸多事业部中,智能驾驶事业群组(IDG)是唯一一个由陆奇亲自挂帅担任总经理的部门,包括度秘在内其他事业部总经理都是向陆奇汇报的关系。

至于为什么在陆奇眼中无人驾驶对百度这么重要,此前他接受外媒连线杂志采访时曾解释,“如果要开发能获得知识、做出决策并适应环境的数字化智能,就需要开发汽车系统。在自动驾驶系统中,汽车是第一种主要的商业化应用。”

百度的中国速度和野心:年内无人驾驶小巴量产,发布3款AI硬件|CES 2018

百度内部人士告诉36氪,陆奇来了之后最明显的变化就是开源开放。据36氪了解,2017年4月百度在上海车展上突然宣布阿波罗开源,就是陆奇在开展前一两天临时拍的板。

陆奇认为,正是开源催化了阿波罗平台的迅速迭代,吸引大量开发者涌入:

2017年4月19日,百度在上海车展公布Apollo计划,正式开源。

2017年7月5日,开放Apollo详细线路图,和Apollo1.0版本能力。

2017年9月20日,开放Apollo1.5版本,开放障碍物感知、决策规划、云端仿真、高精地图服务、端到端的深度学习(End-to-End)等五大核心能力。且支持昼夜定车道自动驾驶。

2017年11月16日,百度世界大会发布Apollo小度车载系统和Apollo Pilot,宣布与奇瑞、金龙、北汽、江淮等合作伙伴的量产时间表。

2018年1月8日,在CES上发布Apollo2.0版本。

相对于此前的1.5版本,1月8日新发布的Apollo2.0版本,全面开放了各种模块,适用于简单城市道路的自动驾驶,可识别红绿灯和躲避障碍。

阿波罗平台研发负责人王京傲称, Apollo2.0版本能更精准和快速的转弯、规避障碍,提升了云端仿真和规划决策等能力。由于加入了基于摄像头和雷达的传感器解决方案,2.0版本对障碍物的感知距离从1.5版本的30尺提升到了500尺以上,且精准度高于99%。在新服务下,仿真甄别的安装时间从此前的30分钟缩短到30秒。

根据百度的介绍,Apollo生态合作伙伴超过90家,包括整车及零配件制造商北汽、一汽、奇瑞、金龙客车、博世、大陆、采埃孚;传感器及芯片制造商Velodyne、Intel、英伟达;服务器供应商微软;运输服务提供商首汽约车;自动驾驶系统供应商智行者、Momenta等。

陆奇希望Apollo是一套全球化的系统,因此目前的海外合作伙伴占比接近30%,包括这次CES公布的几个重磅合作:跟Google无人车之父Sebastian Thrun创立的Udacity合作推出的Apollo自动驾驶在线课程,由百度总裁张亚勤主导的与新加坡智能出行公司AMI的合作,以及跟Access LA在2018年底在洛杉矶为当地残障人士推出自动驾驶共享出行的试点服务。

“以前都是停留在研究院层面的纸上谈兵,Apollo开源后突然很多车厂都找过来。”百度智能驾驶事业群组总经理李震宇说。

2

同样值得关注的还有人机交互平台DuerOS。

百度在CES上发了三款搭载DuerOS系统的智能硬件:小鱼在家VS1智能视频音箱、Sengled生迪智能音箱灯和popIn Aladdin智能投影吸顶灯。

百度的中国速度和野心:年内无人驾驶小巴量产,发布3款AI硬件|CES 2018

一年前的这时候,百度也是在CES发布了DuerOS,当时搭载的硬件就是上一代小鱼在家智能视频机器人。

回顾过往,每一代占据支配地位的硬件设备都有一点共性——踩中了同时期最合理的交互模式。比如苹果手机正是因为定义了触摸屏,成了智能手机的霸主。到了AI这一波浪潮,语音成了更自然的交互模式。

IDC的一份报告显示,2020年前,27%的智能家庭将会拥有智能语音设备,51%的智能汽车和68%的智能手机和智能穿戴设备也会具备语音对话功能。

这就是百度看中的机会,作为AI平台主导的入口级智能硬件,可能为百度在移动时代增长乏力失去的对入口的支配地位。

把控住入口地位的AI平台会是什么形态,百度在CES发布会上描述了一个普通家庭用户24小时的生活情景:早晨起床,问智能音箱天气来搭配衣物。坐在餐桌前,询问智能音箱今天的新闻和路况,通过智能音箱预先发动汽车引擎,中午叫音箱订餐……

可以说,连接的智能家居数量和信息及服务商的规模,决定了AI平台的质量。景鲲表示,过去一年DuerOS增长迅速:合作伙伴层面将语音助手送入了vivo、华为、小米等一线品牌手机,与TCL、创维在电视品类合作,同时将语音助手放入哈曼、SONOS、海尔、美的等品牌的硬件产品。

“DuerOS的设备安装基数的每月同比增长率为148%,每月活跃设备的同比增长率为127%。DuerOS现在是中国最活跃的对话式AI生态体系,我们不仅有设备合作商,还有芯片制造商、系统整合商、内容开发者、开发者平台等等。”景鲲说。

过去一年,百度和科大讯飞基本占据了AI语音平台最大的市场份额,平台的竞争随着智能音箱对市场的教育逐渐激烈。但尽管平台都在比拼谁接入的合作伙伴更多,但 Iot的隐忧在于家电厂商为了追概念一窝蜂的接入平台,而平台的AI底层技术和软硬结合的能力又不足以把硬件推成刚需型产品,那样智能硬件就会再次如两年前般陷入停滞。

所以至少在目前,真正重要的不是平台有多少合作伙伴,而是跟多少硬件厂商达成深度的产品合作、共同研发。跟天猫精灵以99元杀入,通过巨头的资源大规模铺占市场不同,百度的打法是为自己在各个品类寻找深度合作,让他们作为触手为自己攻城掠地,一旦做出爆款,就借势吸引各个品类的厂商接入。

去年收购的渡鸦如今成了百度在音箱品类的标杆,小鱼在家的任务是摸索带屏设备,这次CES新品中与灯具和投影仪厂商的合作方,都是各自品类中的垄断者。

百度希望把这些标杆握紧,这点从小鱼在家如今的唤醒词是“小度小度”就可见一斑。

相对于其他智能音箱平台,百度的优势在于做搜索出身具备天然的知识图谱上的优势,以及百度具备音乐、视频等生态中的内容资源。如果前端的智能硬件能成为爆款,百度就可以用入口级硬件串联起链条后端爱奇艺、百度音乐、百度网盘等百度系的产品穿起来,真正激活此前一直没形成粘性的百度个人帐号体系。甚至或许有一天,蔓延到消费链条的最后一环,百度在BAT中落后的金融支付业务能有新的机会,形成闭环。

前景可期,但目前这一切还仅仅是个开始。

続きを読む
原文

アメリカ・ラスベガス時間1月8日14時56分、百度がCESのプレスカンファレンスで最高潮を迎えた時、その熱気は現地から太平洋を挟んで対岸にある北京からもたらされた。北京時間早朝6時56分、百度のApollo自動運転システムを搭載した自動車が隊列を組み、工業団地内を走行したのだ。

運転席が空っぽのL3(レベル3)セダンは人を乗せてスムーズにUターンを行い、その後無ハンドルのL4(レベル4)ミニバス(今年量産化の見込み)に続いて、昨年9月に北京オリンピック森林公園での使用を開始した自動運転清掃車が続き、さらには人の半分ほどの高さの自動運転宅配車が冷え込んだ早朝に測量技師のもとにネイビーのマフラーを届けに来た。

これは、Apolloシステム搭載の異なる機能を有したさまざまな車種を一堂に会した百度初のショーである。百度の計画によると、2018年に金龍客車(King Long)と共同で自動運転小型循環バスの量産化を実現し、2019年には江淮汽車(JAC)・北京汽車(Beijing Automobile Works)と共同で自動運転車種を発表し、2020年には奇瑞汽車(Chery Automobile)と共同で自動運転車種を発表するそうだ。

「これが我々中国のスピードであり、まだスタート段階に過ぎません。我々のスピードはますます上がり、また未来へ向けて走って行きます。」と、陸奇氏は話した。

また、昨年11月、Apolloが科学技術部初の国家人工知能オープンプラットフォームになって以降、百度は自らを誇り「ナショナルチーム」と称している。

これらは、1年前Microsoftを退社し、最低迷期にあった百度に加わった陸奇氏が抱いていた展望がどのようなものであったのかを、別の側面から説明している。それは「百度は中国のGoogle、DuerOSは中国のAlexa、或いはそれ以上である」というものだ。

AIはアルゴリズム・ソフトウェア・ハードウェア能力が組み合わさり、自動学習機能と問題解決システムを備えているので、膨大なデータさえ揃えば、自動運転システムが構築可能なのだ、と陸奇氏は考えている。中国には4億を超える家庭があり、自動車2億台、スマートフォンユーザー11億人、インターネットユーザー7.5億人が次から次へとデータを送信しており、政府による政策支援と相まって、中国はAI分野においてより多様で高速のイノベーションを展開するだろう。

いわゆる「ALL in AI」戦略は百度の次なる目論見であり、検索や手機百度(百度Mobile)のパーソナライズ情報のプッシュや愛奇芸(Iqiyi)の動画エンターテインメントサービスといった現在のコア事業のAI活用による改革革新だ。しかし当然ながら、基幹はやはりDuerOSマンマシンインタラクティブシステムとApollo自動運転システムの二大エコシステムプラットフォームなのである。

プレスカンファレンスにおける陸奇氏によるスピーチの分量から、明らかに彼はApolloに夢中であることがわかる。百度に多数ある事業部の中で、インテリジェントドライビンググループ(IDG)は陸奇氏が自ら先頭に立ちマネージャーを務める唯一の部門で、度秘(Duer)を含むその他の事業部マネージャーはみな陸奇氏に報告を行う。

自動運転が百度にとって非常に重要であると陸奇氏が考える理由について、以前外国雑誌WIREDのインタビューを受けた時にこう説明している。「もし、知識を獲得し、戦略決定を行える、環境にフィットしたデジタル人工知能を開発しようとするなら、自動車システムを開発する必要があります。自動運転システムにおいて、第一の実用化が自動車なのです。」

百度の内部関係者が36氪に伝えたところによると、陸奇氏が加わって以降の明らかな変化はオープンソース化だ。36氪の把握しているところでは、2017年4月上海モーターショーでのApolloオープンソース化の電撃発表は、陸奇氏がショー開幕1~2日前に急遽決断したのだそうだ。

オープンソース化こそがApolloプラットフォームの迅速なイテレーションを促し、デベロッパーを大量流入させるのだと、陸奇氏は考えている。

2017年4月19日、百度は上海モーターショーでProject Apolloを発表し、正式にオープンソース化した。

2017年7月5日、Apolloオープンソース化の詳細なロードマップを示し、Apollo1.0の実力を披露した。

2017年9月20日、障害物感知・運転路線決定・クラウドシミュレーション・高精度かつ広範囲の地図サービス・エンドツーエンドのディープラーニングなど5大コアコンピタンスを含むApollo1.5を公開し、固定車線の昼夜不問の自動運転機能も提供した。

2017年11月16日、百度ワールドコングレスで、Apollo小度車載システム及びApollo Pilotを発表し、奇瑞汽車・金龍客車・北京汽車・江淮汽車などの提携パートナーと共同の量産スケジュールを公表した。

2018年1月8日、CESでApollo2.0をリリースした。

以前のバージョン1.5と比較すると、1月8日に新たにリリースしたApollo2.0は各種モジュールを全面的に公開し、単純な都市道路での自動運転に適し、信号識別や障害物回避が可能だ。

Apolloプラットフォームの研究開発責任者である王京傲氏は、Apollo2.0はより正確かつ迅速な方向転換・障害物回避が可能で、クラウドシミュレーションや運転路線決定などのコンピタンスを向上させたと述べた。カメラとレーダーをベースにしたセンサーソリューションが加わり、Apollo2.0の障害物感知距離はApollo1.5の30mから500m以上へアップし、99%以上の精度を誇る。新たなサービスのもと、シミュレーションスクリーニングのインストール時間は以前の30分から30秒へ短縮した。

百度によると、Apolloのエコシステムパートナーの数は90を超えており、それには自動車及び部品製造の北京汽車・第一汽車(FAW Group)・奇瑞汽車・金龍客車・Robert Bosch・Continental・ZF Friedrichshafen、センサー及びチップ製造のVelodyne・Intel・NVIDIA、サービスプロバイダーのMicrosoft、輸送サービスプロバイダーの首汽約車、自動運転システムプロバイダーの智行者・Momentaなどが含まれている。

陸奇氏はApolloがグローバル化されたシステムになることを望んでおり、そのため現在の海外提携パートナーは全体の30%を占め、それには今回のCESで発表したいくつかの巨大提携も含まれている。Googleの無人運転車の父Sebastian Thrunが創設したUdacityと提携し設置したApollo自動運転のオンラインコースは、百度総裁の張亜勤氏が主導してシンガポールのスマート輸送企業AMIと提携し、Access LAと共に2018年末までロサンゼルスで現地の障害のある人々に自動運転の共有モビリティサービスを試験提供する。

「以前は大学院レベルの机上の空論止まりだったが、Apolloをオープンソース化して以降は多くの自動車メーカーが急に訪ねてくるようになりました。」、と百度インテリジェントドライビンググループマネージャーである李震宇氏述べている。

同じように、マンマシンインタラクティブプラットフォームDuerOSにも注目すべきだ。

百度はCESでDuerOSシステム搭載のインテリジェントハードウェア3機種、小魚在家(Little Fish)VS1スマートスピーカー・Sengledスマートスピーカー内蔵電球・Popin Aladdinスマートプロジェクター内蔵シーリングライトを発表した。

昨年の今時分、百度はやはりCESでDuerOSを発表したが、その時搭載していたハードウェアが前の世代の小魚在家AI音声アシスタントロボットなのだ。

過去を振り返ると、支配的立場にあったハードウェアはいずれも共通して、その当時最も合理的なインタラクティブモデルを抑えていた。例えばAppleのiPhoneはタッチパネルを定義づけ、スマートフォンの覇者となった。AIの波の到来により、音声はより自然なインタラクティブモデルになったのである。

IDC(インターネットデータセンター)の報告書によれば、2020年までにスマートホームの27%が音声認識デバイスを持ち、スマートカーの50%とスマートフォン・スマートウェアラブルデバイスの68%が音声会話機能を持つようになるだろう。

これこそ百度が見定めたチャンスであり、AIプラットフォーム主導のエントリーレベルのインテリジェントハードウェアとして、百度のために低迷し失ったエントリーレベルにおける支配的立場をモバイル時代に取り戻していくだろう。

エントリーレベルを把握・制御するAIプラットフォームの形態どのようなものなのか、百度はCESのプレスカンファレンスにおいて一般家庭ユーザーの生活シーンを述べていった。食卓に座り、スマートスピーカーに今日のニュースや道路状況を尋ね、スマートスピーカーを通じてあらかじめ自動車のエンジンを掛け、お昼にはスピーカーに食事を注文させる……

AIプラットフォームのクオリティは、接続しているスマートハウスの数と情報及びプロバイダーの規模次第だということができる。この1年でDuerOSは高速成長した、と景鯤氏は述べている。提携パートナーレベルでは音声アシスタントをVivo・華為・小米など一流ブランドの携帯電話に送り、TCL・創維とはテレビのカテゴリーで提携し、また音声アシスタントをHarman・SONOS・ハイアール・美的(Midea Group)などのブランドのハードウェア製品に搭載した。

「DuerOSのデバイスのインストールベースは、毎月の前年同期比の成長率が148%で、毎月のアクティブデバイスの前年同期比の成長率は127%です。DuerOSは現在、中国で最もアクティブな会話式AIエコシステムで、デバイスのアライアンス先だけでなく、チップメーカー・システムインテグレーター・コンテンツデベロッパー・デベロッパープラットフォームなどを擁しています。」、と景鯤氏は語った。

昨年1年間、百度と科大訊飛(iFlytek)はAI音声プラットフォームの最大のシェアを基本的に占めており、プラットフォーム競争はスマートスピーカーの市場に対する啓発に伴い徐々に激しくなっている。しかしアクセスする提携パートナー数をプラットフォームが全力で競っているにも関わらず、家電メーカーがコンセプト追求のために大挙して一気にプラットフォームにアクセスすれば、プラットフォームのAI基礎技術とソフト-ハード融合能力がハードウェアを硬直的需要製品にするにはまだ力不足なので、インテリジェントハードウェアは再び2年前のように低迷するのではないかという懸念がIoTにはある。

従って少なくとも現在、本当に重要なのはプラットフォームの提携パートナーの数ではなく、どれだけのハードウェアメーカーと徹底した製品提携・共同研究開発ができるかということなのである。天猫精霊(Tmall Genie)が99元で切り込み、巨大企業のリソースにより大規模に市場展開したのとは異なり、百度の戦法は自ら各カテゴリーで徹底的な提携を模索し、彼らに触手となってもらって自らのために争奪戦を仕掛けさせ、ひとたび大ヒット商品が生まれれば、その勢いに乗じて各カテゴリーのメーカーのアクセスを誘うというものである。

昨年買収した渡鴉(Raven Tech)は現在百度のスピーカーカテゴリーのベンチマークになり、小魚在家はスクリーンデバイスの模索をその課題としている。今回のCES新製品の照明器具及びプロジェクターメーカーの提携先は、いずれもそのカテゴリーの独占企業だ。

百度は、これらのベンチマーク企業を把握したいと考えている。それは、小魚在家の現在のウェイクアップワードが「小度小度」であることからも伺い知ることができる。

他のスマートスピーカーのプラットフォームと比較すると、検索業界出身の百度は自然形成された知識マップを持っていることが強みで、また百度は音楽・動画などのエコシステムのコンテンツリソースも持っている。フロントエンドのインテリジェントハードウェアが大ヒット商品になった場合、百度はエントリーレベルのハードウェアによってバックエンドの愛奇芸・百度音楽・百度クラウドストレージなど百度系の製品とリンクさせ、これまで定着しなかった個人アカウントシステムを活性化させることができるのである。もしかするといつの日か、消費チェーンの最終段階まで広がれば、百度はBAT(百度・アリババ・テンセント)の中で遅れをとっていた金融決済業務でも新たなチャンスを見いだし、クローズドループを形成するかもしれない。

前途は有望ですが、現在はまだ全て始まったばかりである。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More