モーニングスターが新型コロナウイルスの影響が小さかったアジア株10銘柄を発表

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

モーニングスターが新型コロナウイルスの影響が小さかったアジア株10銘柄を発表

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

モーニングスターが新型コロナウイルスによる経済的影響に関するレポートを発表した。レポートによると、まず2020年の全世界のGDP伸び率は、トレンドレベルより2%低くなることが予測されるという。またアジア地域において、新型コロナウイルスの感染拡大による影響が小さかった、あるいはリスクが誇張された株式10銘柄が選ばれた。その中には、中国のオンライン旅行大手「携程(Trip.com )」、職業技能教育の「中国東方教育(China East Education)」、スポーツ用品ブランド「安踏(ANTA)」、台湾の大手電子機器メーカー「鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry)」が含まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録