EV充電スタンドは全国で約54万台、中国のインフラ整備進む

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EV充電スタンドは全国で約54万台、中国のインフラ整備進む

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「中国電気自動車充電インフラ促進連盟(EVCIPA)」が4月10日に公表したデータによると、2020年3月末時点で、同連盟所属の事業者により報告された電気自動車(EV)用の公共充電設備設置台数は、中国全体で54万2000台だった。充電方式別の内訳は、普通充電方式 (AC)の充電スタンドが31万9000台、急速充電方式(DC)が22万2000台、両者一体型は488台。2019年4月~2020年3月にかけて、月あたり平均で1万3000台増加している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録