WeChat「揺一揺(シェイク機能)で春節にキャッシュバックを実施

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

WeChat「揺一揺(シェイク機能)で春節にキャッシュバックを実施

摇一摇微信红包有了新使命,春节到线下帮你“买东西不付钱”

买了东西还不想付钱,这个春节可以有,而且还可以花多少退多少。2月12日,微信公布2018年春节重磅红包福利:继“周末摇摇乐”之后,新春期间微信将带来一波长达7天、线下场景全覆盖的全民摇免单活动。用户不仅可以在线上和亲朋好友抢红包,线下也可以在各种消费场景获得微信新年红包。具体来说,从2月14到2月20日,用户在线下实体商户处使用微信支付满2元,即可参与“新春摇摇乐”活动。用户每天有3次摇奖机会,有机会获得免单奖励或微信支付到店红包,最高可达200元。免单奖励将会把当笔成功支付的金额直接返还至用户微信“零钱”账户。到店红包可下次在微信支付线下合作商户处使用,每人每天限用1个到店红包,到店红包有效期至2018年3月2日24:00前。
摇一摇微信红包有了新使命,春节到线下帮你“买东西不付钱”

另外,14日启动的“新春摇摇乐”还有每天不同的祝福彩蛋,“旺情”将成为情人节的惊喜关键词,祝愿用户来年免“单”。

即将开启的“新春摇摇乐”活动是今年1月上线的“周末摇摇乐”升级版。对于这次活动,微信团队表示:“微信一直在通过模式创新和领域拓展为用户带来更有趣的玩法,更新鲜的体验和更大的福利。我们希望摇一摇和红包的结合能为用户带去新年的祝福,开启来年的好运。”

微信除了推出这次颇为豪爽的“新春摇摇乐”面单活动外,此前还公布了结合购物和出行两大场景的红包玩法。

购物方面,微信携手100多家品牌,6万多家商户推出 “附近优惠”小程序码,用户扫码即可领取低至一折起的商家及品牌春节优惠券和立减券。出行方面则是联合全国22家机场、全国众多景区、酒店推出“幸福旅程”活动,用户在景区或者酒店内使用微信支付,既有机会获得各类立减、返现惊喜。

自2014年微信推出摇一摇红包以来,这种互动便火的一塌糊涂。据统计数据,2014年除夕夜红包收发总量为0.16亿个,2015年突破10亿个 ,2016年为23.5亿个。红包一战,也帮微信支付拿下了可观的支付市场份额。不过在2016年12月28日的微信公开课上,张小龙曾宣布摇一摇红包将退出

微信作为工具不能有太多节日运营的活动,微信应该是日常使用工具而不是通过节日而变动,微信刚刚启动的时候,通过微信红包能够带动更多人使用,如今,“摇一摇”红包历史使命完成,今年不再有这样的活动。

另外,微信只是一个工具,希望在春节当中微信的使用者能够有更多的时间陪伴家人,微信作为一款工具在设计上追求更高的效率。

然而阔别一年后,摇一摇红包似乎有了新的历史使命,大有重出江湖的姿势。在2018年的微信公开课Pro活动上,张小龙曾表示:“探索线下精彩生活,是微信下一步的重要计划。”而上述所说微信红包线下活动,都是重要的尝试。

另外,目前支付宝、淘宝、今日头条、微博、快手等公司都宣布开启新春红包大战。以此来看,新一轮的撒币大战又要拉开序幕了,而对于微信来说任务或许又艰巨了。

続きを読む
原文

ショッピングをしたけれど支払いたくない。今年の春節ではそれが叶うだけでなく、支払った分だけキャッシュバックできる。

2月12日、WeChatは2018年の春節において最上級のラッキーマネーサービスを発表した。「週末揺揺楽」の後を引き継ぐかたちで、新春シーズンにWeChatは7日にもおよぶ、オフラインのシーンをすべてカバーした全人民キャッシュバックキャンペーンを行うというものである。ユーザーはオンライン上で友人知人同士ラッキーマネーを奪い合うのを楽しむのはもちろんのこと、オフラインのさまざまなショッピングシーンでもWeChatの新年ラッキーマネーを獲得することができる。

具体的に言うと、2月14日から2月20日までの期間、ユーザーがオフラインの指定店舗にてWeChat Payで二元以上支払うと、「新春揺揺楽」キャンペーンに参加することができる。ユーザーは毎日3回の抽選チャンスがあり、購入金額のキャッシュバック、もしくは、指定店舗でのWeChat Pay支払いによりラッキーマネーを受け取ることができる特典がつき、最大200元までキャッシュバックを受けることができる。購入金額のキャッシュバックでは、特典獲得に成功したショッピングの全額が直接ユーザーの「零銭」口座に振り込まれ、返金される。指定店舗でのWeChat Pay支払いによりラッキーマネーを受け取るという特典では、オフラインの提携している指定店舗にて次の来店の際に受け取ったラッキーマネーを使用することができる。日に一回だけそのラッキーマネーを使うことができ、指定店舗でのラッキーマネー使用の有効期限は2018年3月2日24時前までとなる。

それとは別に、14日にはじまった「新春揺揺楽」では毎日異なったお祝いのサプライズが用意され、「旺情」はバレンタインプレゼントのキーワードになるほどになり、ユーザーが来年「独り身」にならないことを願っている。

始動した「新春揺揺楽」キャンペーンは、今年1月オンラインで行われた「週末揺揺楽」をバージョンアップしたものである。今回のキャンペーンについて、WeChatチームは次のように述べている。「かねてよりWeChatは、モデルの刷新と領域の開拓と展開によって、ユーザーによりおもしろいものを、より新鮮な体験とより大きなサービスを提供してきました。私たちは揺一揺(シェイク機能)とラッキーマネーが組み合わさることで、ユーザーのもとへ新年の祝福が訪れ、来年、幸運に満ちあふれることを願っています。」

WeChatは今回のかなり大盤振る舞いな「新春揺揺楽」キャッシュバックキャンペーン以外に、これより先にショッピングと旅行の二大シーンを抱き合わせたラッキーマネーを発表している。

ショッピングの分野では、WeChatは100あまりのブランドと、6万あまりの業者と提携して「付近優待」QRコードを打ち出した。ユーザーはスキャンするだけで商店およびブランドの最高90%オフの春節優待券と値引き券を受け取ることができる。旅行方面では全国22か所の飛行場、全国に無数にある観光地、ホテルと連携して「幸福旅程」キャンペーンを行い、ユーザーが観光地もしくはホテル内でWeChat Payを使用することで、さまざまな値引きサービスを受けることができ、キャッシュバックがプレゼントされる。

2014年WeChatが打ち出した揺一揺ラッキーマネー以来、こうしたインタラクティブな活動は収拾がつかないほどに加熱し続けている。統計データーによると、2014年大晦日の夜、ラッキーマネーを贈り合った総量は0.16億件にも上り、2015年では10億件を突破、2016年では23.5億件となった。ラッキーマネーという一戦は、WeChat Payのモバイル決済市場での占有率を見事なものにした。しかしながら、2016年12月28日のWeChat公開講座において、張小龍氏はかつて揺一揺ラッキーマネーについて以下のように撤退する旨を公表したことがあった。

「WeChatはツールという役割を担うにあたり、あまり多くの祝祭日にキャンペーン活動を行うのはよくないと考えています。WeChatは日常的に使われるツールであるべきで、祝祭日のたびに変わるべきではありません。WeChatがスタートして間もないころ、WeChatはラッキーマネーを通してより多くの方に使っていただけるようになりました。今日、「揺一揺」ラッキーマネーは歴史的な使命を終えたのです、今年はこうしたキャンペーン活動は行いません。

そのほかに、WeChatはただのツールでしかありません。春節の間はWeChatユーザーの方々にはより多くの時間を家族と共に過ごしていただければと考えています。WeChatはひとつのツールとして設計の上で更なる効率を追求してゆきます。」

しかしながら、一年の沈黙を経て、揺一揺ラッキーマネーは新たな歴史的使命ができたかのように、ふたたび社会に繰り出す姿勢を見せた。2018年のWeChat公開講座Pro活動において、張小龍氏は「オフラインの生き生きとした生活を探索することこそ、WeChatの次なる重要な計画だ」と述べた。つまり前述したWeChatラッキーマネーのオフライン活動もすべて重要な試験なのである。

そのほかに現在、アリペイ、淘宝、今日頭条、ウェイボー、快手などの会社もすべて新春ラッキーマネー大戦に参戦する旨を宣言した。ここから見るに、「撒幣大戦」はふたたび幕開けし、WeChatに関して言えば任務はまた大きいものになるもしれない。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More