口碑が1億元を投入し「喊紅包」をリリース、美団点評と対決へ?

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

投資

口碑が1億元を投入し「喊紅包」をリリース、美団点評と対決へ?

口碑App投入1亿元上线“喊红包”玩法,实则是与美团点评的PK?

春节将至,一年一度的红包大战如约而来。2月13日,阿里旗下本地生活服务平台口碑App,今年推出了一种全新的春节红包玩法。据悉,口碑App将投入一亿元红包,上线“喊红包”玩法。口碑App投入1亿元上线“喊红包”玩法,实则是与美团点评的PK?
从13日11点开始到正月初一,用户登陆口碑App,搜索“喊红包”,进入活动页面即可参与。这些红包是一条条特定的祝福语或者口令,口令中,既有“你就是我的新年愿望”、“旺旺旺旺旺旺旺旺旺”这类简单的吉祥语,也有“鸡蛋糍粑我也吃糍粑鸡蛋我也吃”这类绕口令似的祝福语。

口碑App投入1亿元上线“喊红包”玩法,实则是与美团点评的PK?

用户需要按住红包按钮,大声喊出口令,后台语音识别正确之后就会有红包出现,规则是喊声相较前次更高的,红包金额价值也越大。活动期间同一用户每天最高可获得4次红包。

36氪记者测试也“喊”了几次,发现第一次“喊”红包较容易获得,再次获得红包就得费力气使劲喊了,但也不一定会有。这就存在一定的疑惑,系统判定用户是否语音准确以及喊声较前次更高,是在后台自行判断,用户无法直观感知了,只能通过一次次比较“盲目”试验。36氪记者在试验多次后,获得了2次红包,分别是1.21元、2.75元。

口碑App投入1亿元上线“喊红包”玩法,实则是与美团点评的PK?喊红包页面底部还有一行字显示:“语音技术由达摩院语音交互智能提供支持”,看来阿里自家语音技术想在抢红包的场景派上用场,但不知对于绕口令似的语句识别,识别的具体情况如何。

13日11点开始,TFBOYS开始通过口碑App向自己的粉丝派发春节红包。TFBOYS每人会派发200万口碑App头彩红包,总额600万,一直持续到16日23:59分。口碑App的第二个彩蛋是在除夕春晚。当天,登陆口碑App喊出春晚相关口令,瓜分100万元红包,每人可领到9.99元。而第三个彩蛋则会在大年初一的零点开启。2月16日0点,用户上口碑App喊出专属口令,有机会抢到1万个100元大红包。

每年各个公司的红包大战都饶有看点,花样频出,今年已进入第五个年头。腾讯将首次推出2亿“走运红包”,通过运动来获得红包;阿里巴巴则继续推出“集五福活动”,今年的数额是5亿。苏宁、今日头条等纷纷参与进来,红包金额都过亿元。

这次口碑App率先推出“喊”红包玩法,金额为1亿元,仅金额总量来看,没有特别大的竞争力,不过花样还是比较新。此外有TFBOYS这样的明星团体做派发,可吸引一批年轻人的关注和参与。

红包大战背后,是巨头之间的较量。获客成本的增加让不少公司冀望用类似红包的营销方式扭转颓势,另一方面,互联网巨头利用春节派发红包,来进一步探索线上线下融合,促进新零售和支付市场的繁荣。

美团点评在前几天也曾推出“春节抢红包”活动,用户组队满6个人即可获得红包,同样是1亿红包的额度。2月9日~2月21日期间,用户每邀请5位好友参与本次活动,就可拆开一个春节红包,获得随机的红包金额。

单从春节红包这一点上就可看出口碑与美团点评的PK正在升级。2018年1月,口碑重新并入阿里“新”零售体系,换个姿势再战本地生活服务,其更像是在为商户搭建一个平台,为商户提供必要的数据支持,从而做更精准的营销推广。美团点评则一直将“让每个人吃得更好、活得更好”作为公司的使命,上线大众点评美食榜单指南,且在如何管理和运营好来自线上与线下的流量方面有自己的先行经验。

未来谁能占领大多数消费者,成为最后的赢家,要看真正带给商家和消费者用户的利益和实惠。

続きを読む
原文

春節目前、1年に1度のお年玉争奪戦が始まる。

2月13日、アリババ傘下のローカルライフサービスプラットフォームである口碑アプリは、今年全く新しい春節のお年玉企画を打ち出した。口碑アプリは1億元のお年玉を投入し、「喊紅包(お年玉を叫ぶ)」をリリースした。

13日11時から旧暦の元日まで、ユーザーは口碑アプリにログインし、「喊紅包」を検索し、イベントページに入れば参加できる。このお年玉は特定の祝辞や合い言葉を叫ぶことで獲得でき、合い言葉の中には、「你就是我的新年愿望(あなたは私の新年の希望)」「旺旺旺旺旺旺旺旺旺(ワンワンワンワンワンワンワンワンワン〈「旺(:繁栄する)は犬の鳴き声「汪」と同音〉」という簡単な縁起の良い言葉も有れば、「鸡蛋糍粑我也吃糍粑鸡蛋我也吃(鶏蛋と餅を私も食べる、餅と鶏蛋を私も食べる)」という早口言葉のような祝辞もある。

ユーザーはお年玉ボタンを押しながら、大声で合い言葉を叫ぶと、バックグラウンドの音声認識で正解だった場合にお年玉が出現し、叫び声が前回よりも大きいと、お年玉の額も増えていく。イベント期間中、同一ユーザーは1日最大4回お年玉を獲得するチャンスがある。

36氪の記者が試しに何度か叫んでみたところ、1回目の叫びでは簡単にお年玉を獲得できたので、再度お年玉を獲得しようと力一杯思い切り叫んだが、必ずしも獲得できなかった。ここで一つ腑に落ちないことがある。ユーザー音声が正確なのか、叫び声が前回より大きかったかどうかについてのシステム判定は、バックグランドで独りでに判断されるので、ユーザーは直感的に感知することができず、何度も繰り返し「盲目的に」トライするしかない。36氪の記者は何度もトライして、お年玉を2度獲得し、それぞれ1.21元と2.75元だった。

喊紅包のページ下部に「音声テクノロジーはDAMOアカデミー(達摩院)の音声対話型人工知能がサポートしています」という一文も有り、アリババ自前の音声テクノロジーをお年玉争奪戦シーンで役立てたいと考えているようだが、早口言葉のような語句を認識できているのかどうか、認識の具体的状況がどのようなものであるのかはわからない。

13日11時からアイドルグループTFBOYSが、口碑アプリを通じて自分たちのファンに春節のお年玉を配り始めた。TFBOYSの各メンバーが口碑アプリのくじ付きお年玉を200万元分、グループで総額600万元分を16日23時59分まで配信し続ける。口碑アプリの2つ目のサプライズは旧暦大晦日のTV番組「春節聯歓晩会」だ。この日、口碑アプリにログインし春節聯歓晩会に関する合い言葉を叫べば、100万元のお年玉を山分けで、一人当たり9.99元受け取れるのだ。3つ目のサプライズは旧暦元日0時にスタートする。2月16日0時、ユーザーは口碑アプリで特定の合い言葉を叫べば、一万人に100元のお年玉獲得のチャンスが与えられる。

お年玉争奪戦のキャンペーンは今年で5年目に入るが、毎年各社のキャンペーンはいずれも見所が多く様々な企画がみられる。テンセントは2億元の「走運紅包」を打ち出した。これは運動することでお年玉を獲得できるものだ。アリババは「集五福(五福集め)キャンペーン」を今年も行い、今年は総額5億元だ。蘇寧や今日頭条なども次々と参加しており、お年玉の総額はいずれも1億元を超えている。

今回の口碑アプリが真っ先に打ち出した「喊紅包」は、金額は1億元で、総額だけで考えると競争力に乏しいものの、斬新な企画だといえる。またTFBOYSのようなアイドルグループによる配信は、多くの若者の興味を引き、参加を呼び込んでいる。

お年玉キャンペーンの背後には、大企業間の競争がある。集客コストの増加により多くの企業が似かよったお年玉のマーケティング方式で退勢を挽回しようと考える一方で、大手インターネット企業は春節を利用してお年玉を配り、さらにオンラインとオフラインの融合を模索し、新しい小売りと決済マーケットの発展を促そうとしている。

美団点評も数日前に「春節お年玉争奪戦」キャンペーンを打ち出し、ユーザーは6人チームを成立させるとお年玉を獲得でき、これも同様に総額1億元だ。2月9日から2月21日の期間中、ユーザーは友人5人を誘ってこのイベントに参加する度に、春節のお年玉袋の封を開け、ランダムな額のお年玉を獲得することができるのである。

春節のお年玉という点では、口碑と美団点評の対決がますますエスカレートしている。2018年1月、口碑はアリババの「新」小売りシステムに再統合され、体勢を変えてローカルライフサービスに再び参戦したというよりは、むしろさらに正確なマーケティングを行えるように、業者のためのプラットフォームを構築し、業者に必要なデータサポートを提供しているといえる。美団点評は一貫して「誰もがもっとおいしい物を食べ、もっと良い生活をできるように」を企業の使命とし、大衆点評グルメランキングのガイドをリリースし、オンライン・オフラインからのトラフィックの優れた管理・運用の仕方についてのパイオニアとしての経験がある。

この先、大多数の消費者を把握し、最終的な勝者となれるかどうかは、業者と消費者ユーザーに利益と恩恵を本当にもたらすかどうかにかかっている。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More