投資

美团はele.me(饿了么)の買収を検討したが、高額入札者アリババは饿了么の5億ドル債権者

美团曾想收购饿了么,但阿里不仅出价高还是后者5亿美元的债权人

阿里有考虑把饿了么部分核心员工的期权换成阿里股票
自“阿里将在3个月内以95亿美元现金收购饿了么全部股份”的消息爆出后,外界持续关注收购的进展和细节。2月28日晚间,据《财经》报道,如果按饿了么目前的估值计算,收购价格应该是90亿美元。而这一数字与此前的95亿美元收购价格有出入,是因为饿了么还欠有阿里5亿美元的债务。最终的交易价格待定,因为尽职调查后才会出最终的结果。

饿了么股东华联股份发布的公告称,阿里与饿了么并未签署任何协议,而且股权转让价格、时间、数量及交易方式等核心条款仍在谈判中。

据《财经》报道,春节前饿了么资金承压,大股东阿里曾抛出收购橄榄枝。期间,美团点评也开始与饿了么接洽。但最终,阿里的出价高于美团点评。

此前,美团点评也曾洽谈收购百度外卖,不过因为收购价格及阿里的角色,使得饿了么将百度外卖收入囊中。

如这次收购成功,外卖市场将成为美团点评与阿里的对决。而本质上,是一场腾讯与阿里的新零售车轮战的一部分。

接下来,与饿了么收购百度外卖时类似,公司的未来发展和员工安置将成为重点。

有后入饿了么的前百度外卖员工告诉36氪,很多人已经开始找下家。按照二季度收购完成的时间表来算,时间上应该来得及。不过能不能收到安置通知,就不知道了。

据《财经》援引接近交易人士的消息,阿里有考虑把饿了么部分核心员工的期权换成阿里股票,以此来留住核心团队。

另据上述饿了么员工介绍,阿里将如何安置饿了么员工,可参考当初饿了么收购百度外卖。

大公司的并购,将影响整个行业的发展,甚至成为商业史上的重要一笔。而在微观层面,员工的人生可能就此改变。

据另一位2017年8月入职百度外卖的员工诉苦,“我先是百度员工,然后是饿了么员工,现在又要变成阿里员工了,可我明明什么都没有做啊。”

听上去有一种互联网式的黑色幽默,同时又透露出些许凉凉的无奈。

AI翻訳で続きを読む
原文

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

「アリババ」は「饿了么」の一部のコア従業員のストックオプションを「アリババ」の株への置き換えを検討した

“「アリババ」は3ヶ月以内に95億ドルで「饿了么」の全株を買い上げる”というニュースが出て以来、外部は買収の進展と詳細に関心を向けていました。

2月28日夜、「財経」(caijing.com.cn)の報道によりますと、現在の「饿了么」の予想買収価格は、90億ドルだろうとされています。この数字は、「饿了么」が依然として「アリババ」に5億ドルの負債をかかえているため、以前の買収価格95億ドルとは異なります。尽職調査後に最終結果が出るため、最終的な取引価格は未決定です。

「饿了么」の株主である華聯株式会社(华联股份)の発表では、「アリババ」と「饿了么」は何の合意にも至っておらず、ストックオプションの譲渡価格、時間、数量、取引方法等の重要な条項についても、まだ協議中です。

「財経」の報道によりますと、春節前に「饿了么」は資金圧力により、アリババと良好な買収関係を結んでいます。期間中、「美团」も「饿了么」との交渉を始めました。しかし、最終的には「アリババ」の方が「美团」よりも多く出資しました。

これに先立ち、「美团」もかつて「百度外卖」の買収の交渉を試みましたが、買収価格とアリババの役回りにより、「饿了么」が「百度外卖」を買収することとなりました。

今回の買収が成功すれば、デリバリー市場は「美团」と「アリババ」の一騎打ちになるでしょう。また本質的には、「腾讯(Tencent)」と「アリババ」の新たな小売商戦の一部とも言えます。
次に、「饿了么」が「百度外卖」を買収した時と同じように、会社の未来の発展と従業員の配置が焦点となりそうです。

「饿了么」に入社する前に「百度外卖」で働いていた従業員は当サイト36Krの取材に対し、多くの人がすでに家を探し始めていると伝えました。第2四半期の買収成功のスケジュールからすると、時間的にまだ間に合うはずです。しかし、安定して腰を落ちつかせることができるかどうかはまだわかりません。

「財経」によりますと、取引人に接近した人の話では、コアチームを維持するために、「アリババ」は「饿了么」の一部のコア従業員のストックオプションをアリババの株に置き換えようとしています。

その他、前述した「饿了么」の従業員は、「アリババ」がどのように「饿了么」の従業員を配置するかを、「饿了么」が「百度外卖」を買収した当初の頃を参考にできると紹介しました。

大企業の合併・買収は、業界全体の発展に影響を及ぼし、ひいてはビジネス史の重要な1ページとなるでしょう。ミクロレベルでは、従業員の人生が変わることがあります。

2017年8月に入社した別の元「百度外卖」の従業員は、“私は、初めは「百度」の従業員、その次は「饿了么」の従業員、現在は「アリババ」の従業員になろうとしていますが、明らかに私の意志ではありません”。と苦言を呈します。
インターネット上で使用されるブラックユーモアの一種のようであり、同時にどうしようもないやるせなさをもらしていました。

[原文]