2019年世界クラウド市場シェア、アリババクラウドがアジア太平洋地域で存在感を増す

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新興国短信

2019年世界クラウド市場シェア、アリババクラウドがアジア太平洋地域で存在感を増す

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ガートナーが2019年の世界クラウドコンピューティング市場に関する最新のデータを発表した。これによると世界シェア上位4社は、アマゾン、マイクロソフト、アリババクラウド(阿里雲)、グーグルだった。2019年1位のアマゾンは前年の47.9%に対して45%とシェアを下げたが、依然として圧倒的なトップである。2位はマイクロソフトの17.9%で、この上位2社が全体の6割を占める。3位はアリババクラウドで9.1%。同社はアジア太平洋地域におけるシェアを前年の26%から28%に伸ばしており、同地域ではアマゾンとマイクロソフトを上回る。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録