投資

ECのV小客(Xiaoke)は4000万元の資金を調達

小程序电商「V小客」获4000万元天使轮融资,“消费降级”机会有多大?

优质低价才是真正的消费升级。
在电商领域,今年是社交电商和“消费降级”(实际指的是下沉市场的消费升级)的一年。拼多多崛起后,不少创业者瞄准了微信带来的社交红利,以及下沉三、四、五线城市的机会。小程序电商“V小客” 是其中一个代表,团队主要来自阿里巴巴、网易电商,已接近40人规模。最近获得近 4000 万元天使轮投资,由 IDG 资本领投,多家机构跟投。创始人吴云昌曾是17互助联合创始人,创业前是众安保险初创核心团队成员、蚂蚁金服网商银行早期产品专家。据他介绍,V小客瞄准的是四、五线城市女性群体,小程序产品还未正式上线,但前期通过小程序、微信公众号矩阵运营,已积累了1000万粉丝,这些粉丝未来可能转化成V小客的种子用户。

小程序电商「V小客」获4000万元天使轮融资,“消费降级”机会有多大?

之所以专注四、五线城市女性,吴云昌认为原因有三:

  • 一个大前提是,城镇中年女性群体是家庭消费的主要决策者。
  • 四、五线城市电商渗透率为 15-18%。经过V小客的调研,这些城市群体 30 岁以下年轻人主要使用淘宝、唯品会,几乎不用京东;而 30-50岁人群最常用的是拼多多。上述情况反映出下沉市场中电商巨头渗透率不高,有很大增量空间。
  • 人的消费分三个阶段,按需消费、随意消费、花有限的钱买更好的产品,之前一、二线城市已完成这个阶段,如今四、五线城市到了消费升级阶段,为他们提供优质低价产品是合适的创业方向。

从具体的电商模式上看,可以说和拼多多类似,V小客想抓住的也是微信10亿月活的流量红利,36氪分析过,微信生态能触及淘宝触及不到的人群,并能通过社交关系产生用户裂变,小程序更是加速了微信电商的发展。

不过,吴云昌指出,V小客和拼多多相比有两个差异点:1)B端供应商会比拼多多的品质更高,商品价格比拼多多高 30-50%,这是因为拼多多被许多用户抱怨商品劣质,V小客希望解决这个问题;2)C端流量的玩法和拼多多完全不一样,不使用拼团,而是同样基于社交裂变的全新玩法。

为了应对迅速发展,在宣布本轮融资的同时,V小客希望招募三类人才:商品商家运营类、 C端用户增长类以及技术类。

AI翻訳で続きを読む
原文

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

コストパフォーマンスが良くなって初めて真の消費向上です。

電子取引市場において、今年はソーシャルネットワーク電子商取引と“消費削減”(実際には、停滞市場での消費上昇)の一年です。拼多多(Pinduoduo)「CtoBのソーシャルネットワーク電子商取引企業」が盛り上がりを見せる中、多くの創業者は微信(WeChat)が提供するソーシャルネットワーク電子商取引と、低迷している第3,4,5線都市での機会に目を付けました。

CtoB小規模電子商取引会社V小客(Xiaoke)は、その中の代表的な会社の一つで、メンバーは主に阿里巴巴(アリババ)と網易(NetEase)電子商取引から来ており、既に40人近い規模となっています。V小客(Xiaoke)は最近、IDG Capitalと幾つかの機関投資家の共同によるエンジェル投資4000万元を獲得しました。

創始者の吴云昌は、かつて「17互助联合」の創始者で、創業前は「众安保险」設立時の中心メンバーでもあり、アント・フィナンシャルグループの「网商银行」の初期の製品専門家でした。彼の話によると、V小客(Xiaoke)は第4,5線都市の女性層を狙いとしており、まだ正式オンラインとなっていないミニプログラム製品ですが、前期の微信(WeChat)公式アカウントマトリックス運営において、既に1000万のファンを獲得し、これらのファンは将来のV小客(Xiaoke)ユーザー予備軍になる可能性があります。

吴云昌によると第4,5線都市の女性に絞ったのは、以下の3つの理由です。

(1)大前提の一つは、都市の中年女性層が家庭消費の主要な決定者だということ。

(2)第4,5線都市の電子商取引の浸透率がまだ15-18%であること。V小客(Xiaoke)の調査、研究によると、その都市での30歳以下の若者層は主に淘宝(Taobao)、唯品会(Vip.com)を使用し、京東(JD)はほとんど使用していません。30-50歳の年齢層は拼多多(Pinduoduo)を一番常用しています。以上の状況は、低迷している市場への大手電子商取引の参入率はまだ低く、市場に参入する余地がかなりあることを示しています。

(3)個人の消費には三つの段階があります。必要に基づく消費、自由な消費、限られた資金の中でより良い製品を購入する消費で、第1,2線都市はすでにこのすべての段階をクリアしており、第4,5線都市は、現在消費の質を上げる段階に達しており、彼らにコストパフォーマンスの良い製品を提供することは、創業の方向性と一致しています。

V小客(Xiaoke)は、具体的な電子商取引モデルの点から見ると拼多多(Pinduoduo)と似ていますが、微信(WeChat)の月間アクテイブユーザー10億人の利用量によるメリットをしっかりと掴もうと考えています。微信(WeChat)は、淘宝(Taobao)が接することができない人達の層に接触することができ、かつソーシャルネットワークによってユーザーを核分裂のように増やし、更にこのミニプログラムが微信(WeChat)電子商取引の発展を加速させることになるだろうと36Krは分析しました。
ただ、吴云昌はV小客(Xiaoke)と拼多多(Pinduoduo)には二つの相違点があると指摘します。

(1)企業の製品は拼多多(Pinduoduo)の製品より品質が良く、価格も拼多多(Pinduoduo)の製品より30-50%高くなっています。多くのユーザーは拼多多(Pinduoduo)の製品の品質の悪さに不満に持っているので、V小客(Xiaoke)はこの問題を解決したいと思っています。

(2)個人ユーザーの流量の扱い方は、拼多多(Pinduoduo)と完全に異なり、拼团を使用しないで、同様のソーシャルネットワークの核分裂に基づく新しい扱い方法をとっています。

この急速な発展に対応するために、V小客(Xiaoke)は、現在の資金調達が発表されると同時に、商品ビジネス事業、個人ユーザー、および技術面という3つのタイプの人材を同時に募集したいと考えています。

[原文]