テスラがトヨタを時価総額で上回り、世界で最も価値のある自動車メーカーに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テスラがトヨタを時価総額で上回り、世界で最も価値のある自動車メーカーに

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月10日夜、世界の自動車産業が歴史的転換点を迎えた。米電気自動車大手テスラ(Tesla)が時価総額でトヨタ自動車を上回り、時価総額世界第1位の自動車メーカーとなったのだ。

現在、グローバル自動車市場の構図は変化の途上にあり、設立からわずか17年に過ぎないテスラが電動化改革を先導している。テスラの株価は、6月10日の終値で1025ドル5セント(約10万円)となっており、時価総額は1901億2200万ドル(約20兆円)に達し、トヨタ自動車の1811億9700万ドル(約19兆円)を上回った。この時価総額は、フォードの7倍、ゼネラル・モーターズ(GM)の4.6倍である。

中国に関する好材料もテスラの株価を押し上げている。最新データによると、2020年5月、中国におけるテスラの販売台数は、前月比205%増の1万1095台に達している。現在、上海ギガファクトリーの第2期工事については、一部工場の主要建築が完成し、新型SUV「Model Y」の量産がまもなく開始される。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録