テンセント、EVメーカー「NIO」のADS168万株を購入 持株比率は15.1%に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

テンセント、EVメーカー「NIO」のADS168万株を購入 持株比率は15.1%に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米証券取引委員会(SEC)が6月19日に明らかにしたところによると、テンセントが完全子会社の「黄河投資有限公司(Huang River Investment Limited)」を通じ、新興EVメーカー「蔚来汽車(NIO)」の米国預託株式(ADS)168万株(クラスA普通株168万株に相当)を1000万ドル(約10億7000万円)で購入した。

これに先立ち、蔚来はADSを、1株当たり5ドル95セントで7200万株追加発行すると発表していた。テンセントは今回買い増すのは、このADSの一部だ。買い増し後、6月10日時点で、テンセントは蔚来の普通株式を約1億5900株保有しており、持株比率は15.1%となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録