東南アジアのフィンテック企業「SYNQA」、トヨタやSMBCなどから約86億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

新興国短信

東南アジアのフィンテック企業「SYNQA」、トヨタやSMBCなどから約86億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

東南アジアをベースとし、オンライン決済プラットフォーム「Omise」やパブリックブロックチェーン「OMG Network」を展開するフィンテック企業「SYNQA」が、シリーズCで8000万ドル(約85億5000万円)を調達した。リード・インベスターはタイ「サイアム商業銀行」傘下の「SCB 10X」とスパークス・グループ、コ・インベスターはトヨタファイナンシャルサービス、三井住友銀行(SMBC)、SMBCベンチャーキャピタル、あいおいニッセイ同和損害保険など。

SYNQAはタイに拠点を置くフィンテック企業。今回調達した資金は、企業向けにデジタル化をサポートするソリューションと製品の開発に充てられる。また子会社のOmiseでは引き続き、オープンAPI技術やOMG Networkなどを活用し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に対するニーズに対応していく。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録