ソフトバンクも出資の不動産情報サービス「貝殻」が米上場を計画、30億ドルの調達予定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ソフトバンクも出資の不動産情報サービス「貝殻」が米上場を計画、30億ドルの調達予定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ソフトバンクグループが出資する中国の不動産情報プラットフォーム「貝殻找房(ke.com)」が米国市場でのIPO(新規株式公開)実施により、30億ドル(約3200億円)の調達を目指している。

2019年11月、同社はシリーズD+でソフトバンクグループ、テンセント、「高瓴資本(Hillhouse Capital)」、「セコイア・キャピタル(紅杉資本)」から計24億ドル(約2560億円)を調達しており、そのうちソフトバンクが10億ドル(約1068億円)を出資していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録