半導体最大手の中芯国際(SMIC)」が科創板に上場、246%高で取引スタート

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

半導体最大手の中芯国際(SMIC)」が科創板に上場、246%高で取引スタート

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国半導体ファウンドリー(受託製造)最大手の「中芯国際集成電路製造(SMIC)」が7月16日、中国のハイテクベンチャー向け株式市場「科創板(スターマーケット)」に上場した。初日は公募価格を245.96%上回る95元で寄り付き、終値は82.92元。この日の取引終了時における同社の企業評価額は5918億元(約9兆650億円)となった。

中芯国際はこのたび晴れて科創板に上場したことで、科創板に上場する企業では初めて香港市場と中国本土市場に重複上場を果たしたレッドチップ企業となった。同社は2004年3月にニューヨークと香港の両取引所に同時上場したが、2019年5月にニューヨーク市場からの撤退を表明している。

中芯国際は0.35ミクロンから14ナノメートルに対応したプロセス技術を持ち、集積回路(IC)の製造受託やサポートサービスを提供している。

米調査会社「IC Insights」が公表した2018年の世界半導体ファウンドリ市場における売上ランキングで中芯国際は4位にランクインしており、中国本土の企業としてはトップであった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録