アリババの金融会社アント、香港と上海での上場手続き開始 評価額約20兆円へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババの金融会社アント、香港と上海での上場手続き開始 評価額約20兆円へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

7月20日、中国最大の電子決済サービス「アリペイ( 支付宝)」の親会社で、アリババ系列のフィッテンク企業「アント・グループ(螞蟻集団、旧称アント・ファイナンシャル)」は、香港証券取引所と中国版ナスダックと呼ばれる上海の「科創板(スター・マーケット)」に同時上場する計画だと発表した。IPOにおける評価額は、少なくとも2000億ドル(約21兆円)だと報じられている。

アントグループは、ユニコーン企業としては初めて科創板に上場し、またインターネット大手として初めて中国本土で上場する企業となる。

アリババグループの年次報告書によると、同社はアントグループの株式を33%、アリババ系列企業の2社は50%保有している。 また、創業者のジャック・マー(馬雲)氏も8.8%の株式と50%の議決権を保有している。

2020年3月31日までの12ヶ月間、アントグループと世界9つのローカルデジタルウォレットパートナーは、世界中で年間約13億人のアクティブユーザーに対しサービスを提供した。また同期間中、資産管理、小口融資、ネット保険などのデジタル金融サービスは、アントグループの総収入の50%以上に寄与した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録