テンセント出資の共済保険「水滴」、評価額4200億~6300億円でIPO検討か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

テンセント出資の共済保険「水滴」、評価額4200億~6300億円でIPO検討か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

関係者によると、インターネット互助グループの「水滴公司(Waterdrop Inc.)」が40億~60億ドル(約4200億~6300億円)の評価額でIPOを予定しており、上場先を米国とする方向で検討が進んでいるという。この情報について水滴公司は、現在はっきりとしたIPOの計画は無いが、資本市場におけるあらゆる可能性の模索は継続するとの回答を寄せた。別な関係者は、まだ初期段階であり、評価額とタイムテーブルには変更が生じる可能性があると述べている。

2016年に設立された同社は、治療費クラウドファンディング「水滴筹(shuidichou)」、オンライン共済「水滴互助(Waterdrop Mutual)」、保険仲立事業「水滴保険商城(Waterdrop Insurance Mall)」を運営するインシュアテック企業である。

現在、水滴保険商城は、保険大手「中国人民保険(PICC)」や「衆安保険(ZhongAn Insurance)」など保険企業60社と提携している。2019年6月のシリーズCでは「博裕資本(Boyu Capital)」、テンセント(騰訊)、「中金資本(CICC Capital)」などのトップ投資機関から約10億元(約150億円)を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録