短信

ファーウェイ製スマホ、Android更新停止の可能性

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

外国メディアの報道によると、ファーウェイ(華為科技)に対する、米商務省による「一時的一般許可証(TGL)」が、8月13日に期限を迎えたとのこと。現在、米国政府は再度の延長措置をとっていない。ファーウェイ製スマートフォンに搭載されているAndroidシステムについて、アップデートが停止されたり、直接遮断されたりする可能性があると報じるメディアもある。サプライチェーンからの最新情報によると、ファーウェイ独自の「HMS(ファーウェイモバイルサービス)」エコシステムが急速に成長し、外部環境からの圧力が高まり続けるのにともない、自社製OS「Harmony OS(鴻蒙OS)」搭載のスマートフォンなど、自社端末計画を模索中だという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録