アリババ創業者ジャック・マー氏、アント株式6億1000万株を慈善団体に寄付

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ創業者ジャック・マー氏、アント株式6億1000万株を慈善団体に寄付

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

8月25日、中国最大の電子決済サービス「アリペイ(支付宝)」の親会社で、アリババ系列のフィッテンク企業「アント・グループ(螞蟻集団、旧称アント・ファイナンシャル)」が、目論見書を上海ハイテクベンチャー向け市場「科創板(スターマーケット)」と香港証券取引所にそれぞれ提出した。それによると、アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が、同氏の保有するアント・グループ株式6億1000万株を慈善団体に寄付するという。 

これらの株式は今後、馬氏が代表を務める「杭州雲鉑(Yunbo)投資咨詢」を通して寄贈される。目論見書に示されている全株式300億3897万株から計算すると、同氏は今回、アント・グループ(上場後)株式の2%を寄付したことになる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録