ヘルスケア産業急成長の中国、世界の健康食品を販売する新興ECが数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

ヘルスケア産業急成長の中国、世界の健康食品を販売する新興ECが数億円を調達

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界中から高品質な健康食品や衛生用品を取り寄せて販売するEコマース「世銷網(Shixiaowang)」の運営会社「億朵網絡科技(Yiduo Keji)」が、プレシリーズAで「復星鋭正資本(Fosun RZ Capital)」から数千万元(数億円)を調達した。調達した資金はブランディング、トータル健康栄養サービスセンターの設立、医療サービスなどに充てる。同社は以前、エンジェルラウンドで「真格基金(ZhenFund)」などから資金を調達している。

世銷網は2019年6月にローンチした。サプリメントや栄養剤、衛生用品、健康食品、妊婦や乳児向けの食品やグッズ、医療サービスなどの分野で、企業の海外販売ネットワークの拡充、ブランドマーケティング、サプライチェーン、製品開発などを支援する。

現在、中国のヘルスケア産業全体の市場規模は約10兆元(約155兆円)と見込まれているが、先進国と比べるとまだ初期段階であり、GNP(国民総生産)の4~5%に過ぎない。また、業界は比較的細分化されており、上位5社の累積生産・出荷集中度は34%に過ぎず、市場には発展の余地が大いにある。

一方、中国のヘルスケア産業の急速な発展を背景として、世銷網は世界の健康製品の販売チャネルの断片化という問題の解決と、厳選された世界の健康製品とサービスをユーザーへ的確に提供することで頭角を現した。同社によれば、世銷網は現在、一流ブランド20社以上と提携しており、オンラインでの取引額は約2億元(約31億円)となっており、2020年末までには4億元(約62億円)に達する見込みだという。

億朵の創業者兼CEOの清峰(Andy)氏は世銷網について「今年になってから自社ブランドを3つ立ち上げ、GMV(流通取引総額)は1000万元(約1億5500万円)以上となっており、年末までには2000万元(約3億1000万円)に達すると見込んでいる。今後は、ヘルスケア産業のサプライチェーンを結集させ、自社ブランドの立ち上げ、投資や合併などにより、妊婦や乳幼児向け商品、アンチエイジング商品、 衛生用品、国潮(中国の伝統要素とトレンドを融合させたもの)を打ち出した健康関連商品などの分野で自社ブランドを充実させ、今後2〜3年で、自社ブランドがGMVに占める割合を70%に引き上げたい」と語る。

チャネルに関しては、重要取引先との電子商取引や従来のECチャネルに加えて、今年はライブコマースやプライベートドメイントラフィック、ソーシャルEC、製品ブランドの拡充、コンテンツECにも注力している。また、運用効率を上げるため、プライベートドメイントラフィック顧客管理システムやBBC(企業Business+銀行Bank+顧客Customer)販売システムをこの1年間で自社開発した。これらのシステムにより、チャネルに加わる3000社以上の消費者データを統合分析し、商品の選択精度を上げ、配信効率を改善する。

清CEOは「近年、トータルヘルスケアの分野では消費の高度化傾向が顕著であり、特に今年は新型肺炎の流行によって消費者は健康により一層関心を払い、投資するようになっている。今年になってから、いろいろな日用消費財の販売が50%以上伸びた。さらに、健康食品から衛生用品、アンチエイジングなど、消費者の需要はますます多様化しており、乳幼児から中高年、高齢者など対象を明確化した商品が成長し続けている」と語る。

従来のブランドは時代の波にもオンライン化の波にも乗り遅れており、新鋭ブランドにチャンスが回ってきている。清CEOは「今後2〜3年で、健康食品や衛生用品は急成長すると見ている。世銷網は、製品やパッケージを刷新し、オムニチャネルを整備し、専門の栄養士によるカスタマーサービスチームを作るなどして、ブランドを充実させる。ヘルスケアブランド管理のトップランナーになることが目標だ」とも述べた。

世銷網のメンバー

世銷網の本社は上海にあり、従業員は合計150人ほど。清CEOは医療系の有名企業「易恒健康(ECMOHO)」、「通策医療疗(TCMedical)」、「美萊医学美容医院(MY LIKE)」などでゼネラルマネージャー、バイスプレジデントを歴任し、共同創業者の経験もある。また、創業時のコアメンバーは、ヘルスケアやEコマースの大手企業で10年以上の経験を積んだベテラン揃いだ。

今回投資した復星鋭正資本は「中国のヘルスケアの市場規模は拡大している。チャネルや消費パターンの変化などさまざまな要因が重なり、ヘルスケア関連のEコマースは今後大きく成長するだろう。世銷網はブランディング力、アクセス数、販売チャネルの構築力などがしっかりしており、ヘルスケア関連で多様なブランド商品群を作り出す潜在能力がある。今後は世銷網と協力し、国内外の高品質なヘルスケア商品ブランドへの投資やブランドを展開する機会を探っていきたい」とコメントしている。(翻訳・永野倫子)

■ より多くの中国テックトレンド、業界分析、スタートアップ情報について、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」にてご提供いたします。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録