RPAソフトウェア開発の「弘璣(Cyclone)」が約42億円を調達 収益案件も拡大

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

RPAソフトウェア開発の「弘璣(Cyclone)」が約42億円を調達 収益案件も拡大

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

RPA(Robotic Process Automation)用ソフトウェアの研究開発とソリューションを行う「弘璣(Cyclone)」が、シリーズBで4000万ドル(約42億円)を調達した。リード・インベスターは「経緯中国(Matrix Partners China)」、コ・インベスターは既存株主である「DCM」のほか、「聯想創投(Lenovo Capital)」「源碼資本(Source Code Capital)」「仁智資本(R-Z Capital)」も出資した。

ここ1年の間に弘璣は製品ラインナップを拡大させ、ツール関連製品からプラットフォームレベルの製品まで、「端末側製品+プラットフォーム」に焦点を当てた革新的な製品戦略を展開している。また商用化につながる事例も急速に増えている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録