短信

がん検査キットの「康立明生物」、シリーズCで約93億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

便中DNA大腸がん検出キットなど、腫瘍の早期診断製品を研究開発、製造販売し、検査サービスも提供するハイテク生物企業「康立明生物科技(Creative Biosciences)」が、シリーズCで6億元(約93億円)を調達した。リード・インベスターは「清松資本(Qingsong Capital)」、コ・インベスターは「海松資本(Oceanpine Capital)」、「君渡資本(Jundu Investment)」および、既存株主の「IDG キャピタル」。財務アドバイザーは「華興資本(China Renaissance)」が務めた。

資金は、肺がん、膀胱がん、肝臓がん、子宮頸がんなど、さまざまながん早期スクリーニング製品と、POCT(Point of Care Testing、臨床現場即時検査)製品の研究開発、臨床試験、販売チャネル拡大に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録