テンセント、米ユニバーサルミュージックへの出資比率を10%引き上げか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント、米ユニバーサルミュージックへの出資比率を10%引き上げか

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

10月14日のブルームバーグの報道によると、「テンセント・ホールディングス(騰訊控股)」は、2021年1月にオプションの行使期限を迎える前に、仏メディア企業「ヴィヴェンディ(Vivendi)」傘下の「ユニバーサル・ミュージック・グループ(Universal Music Group;UMG)」の株式をさらに10%買い増す計画だと、関係者が明らかにしたとのこと。また、テンセントはオプションを行使する可能性が高く、年内に動くこともあり得るという。

現時点では、コンソーシアムのパートナーが参加するかどうかは不透明で、その身元も明らかにされていない。ブルームバーグは昨年、テンセントの打診先には香港の「高瓴資本(Hillhouse Capital)」や国際的投資機構「GIC(シンガポール政府投資公社)」が含まれていると報道している。

テンセントとヴィヴェンディの担当者は、各々コメントを差し控えた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録