短信

スマホ大手OPPO傘下「realme」、日本グッドデザイン賞など多くの国際的アワードを受賞

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国のスマートフォンメーカーOPPO傘下のブランド「realme」は、自社製品のうち複数のモデルが、今年の国際的なデザインアワードを受賞したことを発表した。

「realme X Master edition」は、ドイツの「German Design Award」のエクセレントプロダクトデザイン部門で優秀賞を、さらに「オーストラリア国際デザイン賞」を受賞した。「X2 Pro Master edition」は、同じく「オーストラリア国際デザイン賞」のほか、ドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」、日本の「グッドデザイン賞」を受賞した。

「X50 5G Master edition」は、「オーストラリア国際デザイン賞」を受賞した。同社初の5G対応型フラッグシップモデルとなる「X50 Pro 5G」は日本の「グッドデザイン賞」、台湾の「ゴールデン・ピン・デザイン賞」を受賞した。またワイヤレスイヤホンの「realme Buds Q」は「German Design Award 」のエクセレントプロダクトデザイン部門の優秀賞と、「ゴールデン・ピン・デザイン賞」を受賞した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録