短信

20年上期中国ハイエンドスマホ、ファーウェイとAppleで約9割のシェア

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米市場調査会社「IDC」が発表したレポートによると、2020年上半期、中国において販売価格が600ドル(約6万3000円)を上回るハイエンドスマートフォン市場で、ファーウェイ(華為技術)がシェア44.1%で首位に、続いてAppleが44%で2位に入った。同市場における両社のシェアはあわせて88.1%となる。つまり、現在の中国のユーザーにとって、ハイエンドなスマートフォン選びでまず候補となるのは、ファーウェイかAppleだ、ということになる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録