なぜ今年は618セールの荷物受け取りが特別早いのか?

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

なぜ今年は618セールの荷物受け取りが特別早いのか?

为什么感觉今年618收货速度特别快?

1分钟知识锦囊是36氪的日更问答新栏目,旨在每天以一分钟为限,快问快答一个重要的商业问题。今天我们解答的是物流相关的问题。如果你对近期的商业世界还有什么疑问,欢迎在评论区给我们留言,锦囊负责找高手为你解答。
1分钟知识锦囊 | 为什么感觉今年618收货速度特别快?

提问:@九连环

今日锦囊答主:万德乾 零售老板内参(公众号ID:lslb168)

今年的618电商,一点不像往年电商大促后暴增的订单带来送货的延迟,因为正值世界杯,京东与天猫两家在餐饮和即时商品上,都打出“分钟级”配送。除此之外的商品,无论是在京东购物,或是天猫的发货,最快当天,最迟48小时,也基本都能收到货。

电商平台能做到快速配送,离不开以下三点:

第一,黑科技的参与。

现在电商平台的物流体系,科技已经成为物流作业的主导力量。从大仓分拣、自动打包、智能配送,以及终端的自提柜、快递塔。机器人、无人车、人脸识别、IOT、人工智能等的技术的应用,已经非常成熟。

相比其他实体作业很重的行业,前沿科技在物流领域的落地应用程度更高。坐过飞机的人知道,飞行前(出门到登机)和起飞后(落地到出港)的耗时,往往比在途飞行要更久。物流的时效体现也是一样,以往电商物流的很多时间,浪费在一头(仓库)一尾(终端)。智能科技节约的时效和成本,往往也在头尾两端。

第二,物流“仓干支”搭建成熟。

电商物流的基本特性,在于零售形态的货物流通,大多数是小件包裹。从大仓到顾客中间的作业距离,需要成熟的“仓库、干线、支线”的无缝衔接网络。这方面京东和阿里菜鸟都实现不错的效果,京东物流相对更早些。

多种运输方案也是此次618各家的创新。比如京东此次618,就联合铁路部分,开通远途包裹火车直发。菜鸟物流方面处理海外物流,占到总订单的1/8,靠的就是国外航空公司的合作。

第三,线上线下的协同力量。

2018年618大促,可以看作是两家电商平台,第一次真正主打“线上线下融合”的新零售大促。很多顾客收到的商品,可能来自自己家楼下。比如618当日,南京一名姓彭的女大学生,一次购物的几百件包裹,都是在当天收货。而这其中,不乏来自天猫合作的品牌商自有的线下连锁门店。

基本,当前一二线城市,涉及生鲜、美妆、母婴、快消、服饰、医药等品类,都已经实现顾客就近实体门店发货的协同作业模式。而这些品类,原本就是线下零售布局非常发达的业态。类似盒马的30分钟配送、天猫超市的1小时达等多种物流方案,早在今年的618前,各家就布局完善。

科技赋能+物流网络+虚实协同,构成现在的电商大促发货,也不再有什么爆仓、履约延迟的问题。而且按照电商物流不断通过大促,测试未来履约峰值的习惯。相信未来电商平台在新零售时代的物流时效约定,即同城速递分钟级、大区快递小时级、全国物流24小时达、全球物流72小时达,达成日期不会太久远。

原文はこちら

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

1分間知恵袋は36krの、毎日1分間の制限で重要な商業問題を素早く質問し素早く回答するといった主旨の新コラムである。今日私たちが解答するのは物流関係の問題である。もしあなたが最近のビジネス界に何か疑問を持っている場合は是非コメント欄にコメントを。知恵袋はその道のプロを探してあなたの疑問に責任を持って解答する。

質問者:@九連環

今日の解答者:万德乾 小売り店主の内部資料(公式アカウントID:lslb168)

今年の618eコマースは、eコマースプロモーション後急速に増えた注文が配達の遅れをもたらしていた例年とは全く異なり、ちょうどワールドカップの時期のため、JingDongとT-mall両社は飲食物と期限があまりない商品に限り“分レベル”配送を打ち出した。それ以外の商品はJingDongでの買い物であるか、T-mallでの配送であるかに関わらず早くて当日、遅くても48時間以内でほとんどの商品を受け取ることが出来る。

ネットショップ業界が快速配送出来るために以下の3つのポイントが欠かせない:

1、 ブラックテクノロジーの参加

現在のネットショップ業界の物流システムは、科学技術が物流業務の主要な力となっている。大きな倉庫からの仕分け、自動梱包、インテリジェント配送、及びお届けロッカー、速達塔。ロボット、無人車両、顔認識、IOT、人工知能などの技術の応用はすでにとても成熟している。

実体的な作業が多い他の業種と比較して、先端科学技術は物流の分野でより高いレベルで応用が効く。飛行機に乗ったことがある人は、家を出てから搭乗するまでにかかる時間と着陸してから空港を出るまでにかかる時間が往々にして飛行時間よりも長いことを知っている。物流の時間も一緒である。これまでネットショップの物流の多くの時間は倉庫での時間と地域まで荷物が配送されてから家での受け取りまでの時間で浪費している。インテリジェント科学技術が節約した時間とコストはほぼ始点と終点両端にある。

2、 物流“倉幹支”の成熟

eコマースの基本特性は小売り形態の商品流通にあり、多くは小さな荷物である。大倉庫から顧客へ届くまでの作業距離に成熟した“倉庫、幹線、支線”のシームレスなネットワークの繋がりが必要である。この方面でJingDongと菜鳥網絡は良好な成果を上げており、JingDong物流は繋がりを築くのが相対的に早かった。

様々な運輸方案も今回の618で各社が打ち出した新機軸である。例えばJingDongは今回の618で鉄道と連携することで長距離貨物列車の直送便を開通した。菜鳥は海外物流の処理で国外の航空会社との提携を頼りにし、すべての注文票の1/8を占めた。

3、 オンラインオフラインの共同力

2018年の618ビッグプロモーションは、2社がネットショップ界で初めて真の“オンラインとオフラインの融合”を打ち出した新小売りプロモーションである。多くの顧客が受け取った商品は自分の部屋の階下から送られた商品かもしれない。例えば618当日、南京の彭さんという女子大生が一度に購入した何百個もの商品をすべて当日に受け取ることが出来たが、この中にはT-mallと提携したブランドが所有するオフラインチェーン店から発送されたものも少なくない。

基本的に現在の都会において、生鮮食品、化粧品、ベビー用品、日用消費財、衣服、医薬品などに関する品類はすでに顧客の近くの実在店から発送する共同作業モデルが実現している。そしてこれらの品類は元々オフラインで小売りチェーンが発達している業態である。盒馬の30分配送、T-mallの1時間配送などに似た様々な物流方案は、今年の618前に各社完璧に組み立てた。

テクノロジーの力+物流ネットワーク+オンラインオフラインの共同で現在のeコマースプロモーションの配送を構成し、品切れや配送の遅れといった問題はなくなった。電子商取引物流の何回かのビックプロモーションを通して、今後どのくらいのピーク値に対応出来るかという確認もしている。今後ネットショップ界で新小売り時代の物流の時間約束が同区域なら分レベルの配送、同地域なら数時間レベルの配送、全国なら24時間内配送、全世界なら72時間配送を可能にする日も遠くないと期待できる。

原文はこちら

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手