「Lingke」は10億元のDラウンド融資を受け、医療ビッグデータおよびAI分野のユニコーン企業になる

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

テクノロジー注目記事

「Lingke」は10億元のDラウンド投資を受け、医療ビッグデータおよびAI分野のユニコーン企業になる

「零氪科技」获10亿元D轮融资,跻身“AI+医疗大数据”独角兽队列

36氪获悉,零氪科技(下称:零氪)已经在上半年完成10亿元D轮融资,成为医疗大数据和人工智能领域的独角兽企业。其中一个资方为经国务院批准成立、全球最大的主权财富基金之一的“中国投资有限责任公司”。此轮融资后,零氪将进一步推动产业资源整合,完善互联网医院、邻客智慧药房(DTP药房)及医疗保险支付等业务上的布局。
关于零氪,36曾有过多次报道,它主要是以“数据+技术+平台+服务”的模式为为医疗机构、行业监管部门、各级政府以及医药产业、保险机构等提供大数据整体解决方案。目前公司的产品系列包括HUBBLE(AI辅助决策系统)、科研课题管理系统、患者随访系统等。至于商业化的进程,零氪方面透露,已在区域数据中心建设、临床科研服务、真实世界研究、支持医药产品生命线管理和行业洞察、医疗AI应用、互联网医院、重疾患者精准全程管理服务等领域实现落地。截至目前,零氪的业务现已覆盖全国30个省市自治区,与国内近500家三甲医院、900多科室开展合作,服务3万多名临床医生,帮助医院处理临床病历超200万份,处理医学影像数据超千万份还与10多家国内外研究机构共建合作;并为20项国家十二五、863、973等多中心国家重大课题提供全程技术服务。根据团队给出的信息,36氪围绕零氪目前的业务矩阵和进展做出了如下梳理:

医疗信息数据处理、共享与存储

数据处理:建立了从数据整合、数据结构化,到人工质控、医学模型建立、质量复合等一整套智能化数据处理体系,其标准化医疗数据平台能够直接应用人工智能研究、临床科研、药品研发及评价等。零氪创始人兼CEO张天泽表示,截止2018年上半年,零氪医疗大数据平台的肿瘤单病种渗透率已达到60%,超越美国。

之所以要在数据产生和累积的过程中确保规范化,零氪方面表示,在临床诊疗实践中,每年都会有新的药物和诊疗手段出现。这些新技术要用于比临床研究中受试患者更广泛的人群,还面临着很多实际应用的问题,如药物联合其他治疗手段的可行性、药物的治疗周期、符合中国人群的剂量等。这需要医生从实践中总结经验、数据和依据,得出不同患者的最合理的治疗方案,而前提就是要把临床数据用好。

数据共享:零氪与中日友好医院、海南医学院第一附属医院、辽宁省肿瘤医院、河南省肿瘤医院、安阳市肿瘤医院、厦门大学附属第一医院等全国三甲医院, 以及天津、厦门卫计委,广州药监局等行政监管部门开展合作,搭建区域临床科研数据中心和大数据协作平台,促进地方肿瘤大数据汇聚和共享。

数据存储:零氪联合吴阶平医学基金会、大唐网络共建打造了“中国医疗云”,基于云计算和大数据的储存、流动与分析,为区域大数据中心提供诸如实现远程会诊、远程监控分析、健康指导、患者管理、辅助诊疗等功能。

据悉,作为三甲医院第三方信息服务,零氪现已通过了HIPAA-美国医疗信息安全保护法案认证;同时与亚信安全达成战略协议,后者的混合云安全解决方案将与零氪云平台服务进行整合,将零氪公有云与医院内网的安全系统对接,实现医院对零氪公有云提供服务的监测和管理。

医疗信息数据的应用 

临床科研:2018年,零氪与天津市胸科医院、四川华西医院等10家医院开展真实世界研究,在4个半月里完成9项研究成果,并全部被北美ASCO接收,其中一项还获得ASCO年度“Merit Award”重磅大奖。

重疾患者管理平台:由零氪联合政府、专家、医疗机构、药企、保险、社会公益组织等成立,为患者提供疾病现场诊疗、患者教育、用药指导、健康咨询、随访、慢病管理、药品冷链等服务,并依托医疗大数据探索精准治疗、精准支付、精准管理等,并由DTP药房作为线下场景入口。

AI辅助诊疗:零氪与天津市胸科医院共同建立了肺癌AI辅助诊疗平台(今年落地),已服务肿瘤患者40万人,经实测,相比于国内医生的人工诊断,该系统的平均准确率提升了20%,诊断时间缩短了25%。团队也透露,今年预计会拓展到常见的10大癌种。

零氪方面强调,其AI产品都基于真实的中国病例数据的底层数据和训练材料,更利于实现在中国人群及临床个体病例的应用。而市面上多数辅助临床诊疗的AI产品,多是基于知识库(临床指南、相关文献),只能做到按照临床指南、文献依据,给出某类患者固定的诊疗建议,但由于不同患者的特征差异,存在一定的局限性。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

36Krは、「Lingke」が2018年上半期に10億元のDラウンド融資を完了し、医療ビッグデータおよびAI分野のユニコーン企業になるとの情報を得た。投資機関の1つは、国務院の承認を得て設立された世界最大のソブリン・ウェルス・ファンドの1つである中国投資有限公司である。

この資金調達の後、Lingkeはさらに産業資源の統合をすすめ、インターネット病院、近隣のスマート薬局(DTP薬局)および医療保険の支払いのレイアウトを整える。

Lingkeについては36Krが何度も報告しているが、主に「データ+テクノロジー+プラットフォーム+サービス」モデルを使用して医療機関や業界規制当局、あらゆるレベルの政府機関、製薬業界や保険会社に大きなデータを提供している。現在、同社の製品ラインにはHUBBLE(AI支援決定システム)、研究プロジェクト管理システム、患者フォローアップシステムなどが含まれている。

ビジネス化の過程では地域のデータセンター建設、臨床研究サービス、現実世界の研究、医薬品のライフライン管理のサポートと業界洞察力、医療AIアプリケーション、インターネット病院、病気の重い患者の正確な管理サービスに組み込まれていることが明らかになった。

現時点では同社の事業は30の省、市、自治区をカバーしており、3つの病院およそ500の病院と900を超える中国の部署と協力し、3万人以上の臨床家に対応。10以上の国内外の研究機関と共同で構築された医用画像データの1000万本以上が、第12次5ヵ年計画で、863、973およびその他20ヵ国の主要プロジェクトに完全な技術サービスを提供されている。

36krは同社の情報をもとに、現時点の業務内容と進展について下記のようにまとめてみた。

医療情報データ処理、共有と保存

データ処理:データ統合、データ構造化、人工品質管理、医療モデルの確立、品質の複合化などのインテリジェントなデータ処理システムの完全なセットを確立した。標準化された医療データプラットフォームは、人工知能研究、臨床研究、薬物研究および開発を直接適用し評価する。Lingkeの創設者兼CEO张天泽(ジャン・テンズー)氏 は、2018年の前半までに、Lingkeメディカルデータビッグデータプラットフォームにおける単一腫瘍の浸透率が米国を上回る60%に達したと述べた。

データの生成と蓄積の過程で標準化を確実にする理由は、毎年新しい薬の投与や新しい治療法が臨床現場で行われているからである。 これらの新しい技術は臨床研究の人々よりも広い範囲の人々に使用されている。これらは他の治療法と組み合わせた薬物の実現可能性、薬物の治療周期、および中国人にあった薬の使用量など、多くの実用的な問題に直面している。 これは臨床データがうまく使用されれば、医師は経験、データ、実践からのエビデンスを集計し、異なる患者の最も合理的な治療計画に達することである。

データ共有:Lingkeが中日友好病院、海南医科大学の第一附属病院、遼寧省ガン病院、河南ガン病院、安養ガン病院、厦門大学の第一附属病院および、天津、厦門魏 企画委員会、広州食品医薬品局と他の行政監督部門と地方の腫瘍の大きなデータの収束と共有を促進するために地域の臨床研究データセンターと大きなデータの共同プラットフォームを構築するために協力している。

データストレージ:Lingkeは吴建平医療財団と協力し、大唐ネットワークで「中国医療クラウド」作り、クラウドコンピューティングと大規模なデータストレージ、フロー、分析をベースにして、遠隔相談や遠隔診察などで健康指導、患者管理、診断支援に効果を出している。

トップ3の病院の第三者情報サービスとして、LingkeはアメリカのHIPAA-US医療情報セキュリティ保護法の認定を通過した。同時にAsiaInfo Securityとの戦略的合意に至り、ハイブリッドクラウドセキュリティソリューションはZero Cloudプラットフォームサービスで実装された。パブリッククラウドへの病院のサービスの監視と管理を実現するために、パブリッククラウドはパブリッククラウドと病院イントラネットのセキュリティシステムと接続されている。

医療情報データの利用

臨床研究:2018年、Lingkeは、天津胸部病院、四川華僑病院を含む10の病院で実世界の研究を行い、4ヶ月半で9つの研究成果を達成した。これらの成果として北米のASCOより ASCOの年間大賞を獲得した。

重篤患者管理プラットフォーム:Lingkeによって政府、専門家、医療機関、製薬会社、保険、社会福祉団体などと共同し、患者に現場診断、患者教育、投薬ガイダンス、健康相談、フォローアップ、慢性疾患の管理、 薬のコールドチェーンやその他のサービス、併せて膨大な医療データによる精密な治療、正確な医療費支払、精密な管理など、さらにはDTP薬局によって作成されたオフラインシーンのエントリーポイントとしても確立されている。

AI支援診療:Lingkeは、天津胸部病院と共同で肺癌AI補助診断・治療プラットフォーム(今年目標)を設立し、すでに40万人のがん患者に使用された。実測値によると国内医師の手動診断と比較して、がん発見の確率が20%上昇した。また、診断時間が25%短縮された。チームはまた、2018年は一般的な10の癌種に展開していくことを明らかにした。

Lingkeが強調するにAI製品は、中国の病例のデータの根底になると同時に研究の材料にもなり、さらに多くの中国人の病例と臨床した病例を応用することが実現する。しかも臨床診断と治療のためになるAI製品は、知識ベースに基づいて(臨床ガイドライン、関連文献)特定のタイプの患者のための固定された診断および処置の推奨を与えられた臨床的ガイドラインおよび文献に基づいてのみ、異なる患者の特徴の相違に起因して一定の制限がある。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手