短信

ファーウェイ、欧州に22万人分の雇用機会を創出 納税、投資等でも多大なる貢献

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

英経済研究機関「オックスフォード・エコノミクス」が、レポート『欧州におけるファーウェイの経済的影響(THE ECONOMIC IMPACT OF HUAWEI IN EUROPE)』を発表した。

レポートによると2019年、ファーウェイ(華為技術)は欧州での経済活動において同地に164億ユーロ(約2兆円)の収益をもたらし、直接的にもしくはサプライチェーンを通して22万4300人分の雇用を創出した。同地への納税額は66億ユーロ(約8200億円)にのぼるという。

レポートによると、ファーウェイは研究開発の分野でも欧州に多大な貢献をしている。欧州連合(EU)の欧州委員会がまとめたEUに拠点を置く企業の研究開発に対する投資動向に関する報告『2019年EU産業研究開発投資スコアボード(2019 EU Industrial R&D Investment Scoreboard)』でも、ファーウェイは研究開発への投資に力を入れている企業として第5位に入った。欧州特許庁(EPO)が出した2019年特許出願数ランキングでも第1位である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録