スローライフを提唱する中華麺チェーン「和府撈面」、テンセントなどから70億円の大型資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

スローライフを提唱する中華麺チェーン「和府撈面」、テンセントなどから70億円の大型資金調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国で中華麺レストラン「和府撈面(Hefu‐Noodle)」をチェーン展開する「和府餐飲管理」が、シリーズDで4億5000万元(約71億円)を調達した。リード・インベスターはテンセント(騰訊)と「Longfor Capital(LFC)」、コ・インベスターは「華映資本(Meridian Capital)」。

和府撈面は中華麺レストランを直営式で展開する外食チェーンで、2012年に設立された。店舗内部は中国独特の書房を模したデザインになっており、ゆっくり味わうこと、およびスローライフを理念として提唱している。

2019年7月、和府撈面はシリーズC+で2億1500万元(約34億円)を調達している。それ以前にも2017年にシリーズCで1億元(約16億円)、2016年にシリーズBで5000万元(約8億円)、2015年にシリーズAで3000万元(約5億円)を調達した。和府撈面によれば、現在店舗数は270店近くあり、2020年末には310店舗に達するという。2021年はさらに200店舗を新たにオープンする予定とのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録