EC京東が主導、越境B2B取引プラットフォーム「大健雲倉」が約41億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EC京東が主導、越境B2B取引プラットフォーム「大健雲倉」が約41億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

大量に取引されるバルク品のB2B取引やフルフィルメントサービスを提供する「大健雲倉(Giga Cloud Logistics)」はこのほど、中国EC大手「京東(JD.com)」から2億6000万元(約41億円)を調達したと発表した。 

大健雲倉は、長年蓄積してきた製品サプライチェーンと越境物流における倉庫管理および配送能力を活かしながら、越境貿易業界のデジタル変革に取り組んでいる。 今後は京東と共同で、グローバルデジタル取引プラットフォームを構築していくという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録