スポーツテクノロジーカンパニーKeepはラウンドDで1.27億ドルの資金を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

マーケティング

スポーツテクノロジーカンパニーKeepはラウンドDで1.27億ドルの資金を調達

Keep完成1.27亿美金D轮融资,创运动行业单笔融资纪录

36氪独家获悉,运动科技公司Keep完成1.27亿美元D轮融资,由高盛领投,腾讯、GGV纪源资本、晨兴资本、贝塔斯曼亚洲投资基金老股东跟投。此前Keep共完成五轮融资,累计融资6000万美元, 最后一轮为腾讯的C+轮融资。至此,Keep成为互联网健身领域单笔融资额最大、估值最高的公司。

Keep成立于2014年,诞生之初就瞄准小白健身用户,凭借免费的课程、易用的产品迅速成为一家明星公司。Keep用户数于2017年8月突破1亿,最新用户数为1.4亿。CEO王宁称公司走完了“从0到1”的历程,正在迈入“从1到100”的阶段——今年3月,Keep发布了两款战略级产品:家庭场景的KeepKit硬件(首款产品是跑步机),和城市场景的Keepland健身房。

36氪独家|Keep完成1.27亿美金D轮融资,创运动行业单笔融资纪录

Keepland

王宁在3月的发布会上表示,未来将持续构建以内容为核心的运动科技平台,并最终打造一个科技互联的运动生态。

“生态”故事既需要战略眼光,也需要资本加持。据了解,Keep的本轮融资将用于AI产品研发、新业务线孵化,以及健身内容的持续强化。这既是在巩固Keep的核心竞争力“内容”,也是为了加快扩展新边界——从一款健身应用,到一个多元业务的体育品牌。

据Keep内部人士向36氪透露,AI在Keep的落地场景有两个:在app上利用大数据和算法进行智能分发,实现今日头条式的千人千面和精准推荐;在跑步机等硬件上搭载传感器等技术设备,实时监测用户的运动标准度并采集数据,进而更有针对地提供运动指导方案。

在AI上进行投入,Keep依赖的是庞大的用户量和海量数据——Keep的用户数据达到22亿条。

加大技术投入的同时,Keep也计划在内容上深化。Keep目前的运动内容涵盖健身、跑步、瑜伽、骑行、足球、社区和饮食等领域,追求“用户听得懂”的专业性,今年Keep也和漫威、环太平洋、热血街舞团等品牌IP进行了深度合作,增添趣味性和娱乐性。

能否用好既有的用户数据,并保持内容的差异化竞争力,决定着Keep的壁垒能否进一步提高。

硬件产品的研发和健身房的扩张都对资金有很大需求。根据官方提供的数据,今年3月跑步机发售后,获得了京东“热销商家”、“热销商品”和“热销品牌”TOP1成绩。此前王宁在接受36氪采访时也表示,2018年还会推出其它硬件产品,并保持跑步机的迭代。

线下健身房Keepland在北京华贸开出第一家店后运营近半年,已推出的产品有24人一节的“小团课”、原创的“混合强度训练MIXT” 等课程,日常满课率达到95%,复购率80%。但相比传统的“年卡”式健身房,按次付费的模式需要更长的运营周期才能实现盈亏平衡,新店的选址和扩张也会更加谨慎。此前王宁表示,Keepland今年会在一线城市全部布局,中期目标是在一线和准一线城市,每个城市达到两到三家。

此外,Keep 开始出海,国际版上线6个月用户量达到200万,已支持英语、德语、日语、泰语和西语等十几种语言。

融资花钱的同时,Keep也在尝试更多挣钱的办法。此前Keep商业化主要靠广告和电商,今年除了发布硬件和线下空间,把电商销售的周边产品品牌化,推出了KeepUP之外,线上也在做两种新的变现:一是内容付费,以长视频的形式做教科书式系统知识讲解;二是服务商业化,做训练营,制定更适合某个用户的训练方案。

“我更在乎的是一个用户,在Keep整个的生态下他到底能产生多大的价值。”王宁说。这种生态逻辑近似于美团,即依靠庞大用户量形成最上层的流量池,再层层转化,寻求变现。美团围绕刚需的“吃”,Keep围绕垂直的“运动”,差异在于,美团是平台生意,复杂度高,壁垒也更高。

如果说前三年Keep的对手是纯互联网公司推出的运动应用,那么如今的Keep则面临更加激烈的竞争环境。在线下,除了传统的连锁健身品牌,Keepland的对手还包括一些互联网健身品牌。O2O平台乐刻、团操品牌超级猩猩、智能健身连锁Liking,自去年下半年以来相继完成数亿元的C轮融资后,各家都在加速开店。注重用户体验、逐渐接受按次付费的健身小白用户,是它们共同争夺的对象。

流量和内容是互联网公司Keep的法宝,它的挑战在于,能否在硬件、服饰,乃至实体生意中也让消费者买单,而这需要让新用户多一些,老用户更忠诚一些。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

AI翻訳で続きを読む

Google翻訳などのAIを使い、編集者が補正した文章です。

36KrはスポーツテクノロジーカンパニーKeepは、ゴールドマンサックス、テンセント、GGVキャピタル、モーニングサイド・キャピタル、ベルテルスマンアジア投資基金およびその他の共同融資により、1億2,700万ドルのラウンドDでの資金調達を完了したことを知った。 これまで、Keepは合計5回の資金調達で総額6,000万米ドルを獲得。最後のラウンドはテンセントのC +ラウンド融資だ。 この時点で、Keepはインターネットフィットネス分野において単体で受けた融資額は最大で、もっとも価値のある企業となっていた。

Keepは2014年に設立され、小白(英語名Xiaobai) フィットネスのユーザーをターゲットとし、無料コースを顧客に提供し、すぐに、スター会社になった。 Keepのユーザー数は2017年8月に1億人を超え、新規ユーザー数は1億4000万人だ。 CEOの王寧(Wang Ning)氏は、「0から1への」プロセスを完了し、「1から100」の段階に入っていると語った。今年の3月に、Keepは2つの戦略的製品をリリースした。 一つは自宅でも使用できるハードデバイスKeepkit(ルームランナー)や、都市部でのKeeplandジムの二つである。

王寧は、3月の記者会見で、コンテンツ指向のスポーツ技術プラットフォームが今後も構築され、最終的にはネットテクノロジースポーツシステムが構築される、と語った。

この「システム」ストーリーには、戦略的ビジョンとある程度の資本支持の両方が必要である。 現在Keepが調達した資金は、主にAI製品開発、新しいビジネスラインインキュベーション、および継続的なフィットネスコンテンツの強化に使用されることが分かっている。 これは、Keepの強みである「コンテンツ」を統合し、フィットネスアプリからマルチビジネスのスポーツブランドまでの境界を新たに拡大、加速させる目的がある。

Keep内部の従業員が36Krの記者だけに明かしてくれた内容によれば、 KeepにAIが使用されている二つの場面があるようだ: 一つは、アプリから送信されてくる大ビッグデータとアルゴリズムを使用して、その日のお勧めを何千もの人々に正確に伝達するため;もう一つは、ルームランナーやその他のハードウェアなど、ユーザーの動きの基準を監視し、リアルタイムでデータを収集するセンサーなどの技術的な設備やプログラムが装備されており、よりターゲットを絞ったモーションガイダンスソリューションを提供することができる。

AIを投入する際、Keepは膨大な数のユーザーと大量のデータを必要とする―Keepのユーザーデータは22億人分に達した。

技術開発を行いながら、Keepはそれらを利用してアプリ内の内容を深める予定である。 現在、Keepは、フィットネス、ランニング、ヨガ、サイクリング、サッカー、コミュニティサークル、ダイエットなどのスポーツコンテンツを提供し、「ユーザーが理解できる」という専門性の追求、今年はマーベル(英語名、Marvel)、パシフィックリム(英語名Pacific Rim)、熱血街舞団(英語名Hot-Blood Dance Crew)など様々なブランドと協力して、面白さや娯楽性を足していっている。

既存のユーザーデータを使用し、差別化されたコンテンツを提供しつづけるという強みで、Keepがこれから直面する大きな壁をさらに乗り越えられるのかが決まってくるという。

ハードウェア製品の開発とジムなどの拡大は、資金需要が非常に大きい。 公式データによると、今年3月にルームランナーがリリースされた後、京東商場(英語名 JD.com)の「ホット・セラー」、「ヒット商品」、「流行りのブランド」三種のランキング一位にランクインを果たした。 36Krの記者が王寧(Wang Ning)氏にインタビューした際、2018年には他のハードウェア製品を導入する予定があり、すでに発売中のルームランナーに関しては売れ行きが維持されると述べた。

ジムKeeplandは、北京華貿にて最初の店舗がオープンして約半年近い時間が過ぎ、24人ワンレッスンの”小団課”、オリジナルの「混合強度トレーニングMIXT」など、毎日のレッスン達成率は95%に達し、リピーター率は80%となった。 しかし、従来の年間パス式ジムと比較すると、損益分岐点を達成するためにはより長期な運営時間やサイクルが必要であり、新店舗設立の位置や店舗拡大はより慎重にしなければならない。 王寧氏は、今年最も繁華な都市にKeeplandが完全展開すると言い、中期目標は各都市に2〜3店舗を構える事である。

海外展開しているKeepは、国際版のオンラインには、6か月のユーザー数は200万で。英語、ドイツ語、日本語、タイ語、スペイン語など10カ国語以上の言語サポートが可能である。

資金調達や投資にはお金が掛かってしまう反面、Keepは今後の未来を見据えて、より多くのお金を稼ぐ方法を模索している。 以前、商用化において主に広告とeコマースに依存していたが、ハードウェアとオフラインスペースのリリースに加えて、今年はeコマースで販売される周辺機器製品をブランド化し、KeepUPのリリース以外にオンライン上でも新しく実現できたものが二つある: 第一に、長期ビデオ形式(オンライン教育)で教育をすること; 第二に、商業化に重きをいれる、訓練キャンプ、および特定のユーザーにより適した訓練プログラムの開発をすること。

「私が気にかけているのはユーザーです。Keep全体のシステムの下、どれくらいの価値を生み出すことができるのか?」と王寧氏は語った。この種のシステム的論理は、美団という組織と似ていて、こういった流れを多数のユーザー次第で、レイヤーごとに臨機応変に対応し、理想を実現しようとする目的がある。 美団は、主に必要最低限の”食”に焦点を当てており、Keepの場合は “スポーツ”に特化している。これらの違いから生まれるものとしては、美団グループは複雑性が高く、障壁が高いプラットフォームビジネスと言う事が分かる。

もしKeep設立後三年間の競争相手が純粋なインターネット会社によって開発されたスポーツアプリケーションである場合、確実にKeepはより激しい競争環境に直面しているはずである。 オンラインでは、従来のチェーンフィットネスブランドに加えて、Keeplandの相手にはインターネットフィットネスブランドも含まれています。 O2Oプラットフォームのグループスポーツブランド、超级猩猩(英語名Super Monkey)、スマートフィットネスチェーンジムLinking、昨年の後半以来、Cラウンドの融資にて数億元資金調達後、各店舗の拡大スピードは明らかに加速している。 ユーザーエクスペリエンスを重視し、徐々に有料システムを受け入れていこうとするフィットネス利用者たちは、各社の共通のターゲットであるのは間違いない。

通信量とコンテンツは、インターネット企業のKeepの強みであり、ハードデバイス、アパレル、さらにはオフラインビジネスにおいても新しい消費者を獲得し、ユーザーが愛着を強めていくかが、これからの課題である。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手