EC大手「京東」、無人配送技術の研究開発に注力 関連会社が自動運転関連の特許情報を追加

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EC大手「京東」、無人配送技術の研究開発に注力 関連会社が自動運転関連の特許情報を追加

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

企業情報検索サイト「天眼査(Tanyancha)」によると、EC大手「京東(JD.com)」の関連会社「北京京東世紀貿易有限公司(Beijing Jingdong Century Trading Co., Ltd)」について、自動運転に関連する新たな特許情報が追加された。

特許の要旨によると、これは自動運転制御の方法や装置に関する特許で、コンピュータ技術分野に関わるものだ。この発明は、車速と操舵を協調制御することで、自動運転車の正確なコントロールを実現させると同時に、特定のシナリオ終了時における車両の位置や体勢についての要求を満たすものだとされている。

ここ数年来、京東グループの総売上高に対する物流部門の貢献度は大幅に増しており、業績を着実に成長させるための重要な推進力となっている。京東の財務報告書によると、グループのサービス売上のうち物流サービス等による売上が占める割合は、2017年が16.8%、2018年が27%だったのに対し、2019年は35.5%と大幅に増加している。

 

無人運転車両による輸送は京東の物流部門にとって注力すべき方向性の一つだ。京東は2016年に、無人物流分野における技術の研究開発に焦点を当てた「X事業部」を設立している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録