折り畳みスマホ「Royole(ロヨル)」、科創板IPOで約1900億円調達を計画

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

折り畳みスマホ「Royole(ロヨル)」、科創板IPOで約1900億円調達を計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ブルームバーグが関係者からの情報として報じたところによると、折り畳み式スマートフォンの製造で知られる中国のフレキシブルディスプレイメーカー「柔宇科技(Royole、ロヨル)」は、ハイテク新興企業向け市場「科創板(スターマーケット)」へ上場を申請し、120億元(約1900億円)の調達を計画しているという。

早ければ12月中に上場申請を行い、評価額は2019年の資金調達ラウンドで目指した80億ドル(約8300億円)を上回る可能性がある。この件に関し、柔宇科技は「弊社発表を御参照下さい」と述べ、ノーコメントだった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録