眼内レンズ研究開発のスタートアップがシリーズCで数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

眼内レンズ研究開発のスタートアップがシリーズCで数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

眼内レンズ(人工水晶体)を研究開発する「無錫蕾明視康科技(wx-visionpro)」が、シリーズCで数億元(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「高瓴創投(Hillhouse Capital)」、コ・インベスターは「川流投資管理(Longwater Investment)」と「建発新興投資(C&D Investment)」。

蕾明視康は、眼内レンズなど眼科用高度医療器具の研究開発、製造、販売を専門とするテクノロジー企業。白内障治療用折りたたみ式眼内レンズ開発のボトルネックを打破する研究開発に従事しており、医療機器登録証明書、EU (欧州連合) CEマーク、およびISO13485システム認証(医療機器産業品質マネジメントシステム認証)などを取得している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録