クアルコム、ファーウェイの一部製品向けに半導体出荷の許可を取得

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

クアルコム、ファーウェイの一部製品向けに半導体出荷の許可を取得

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米半導体メーカー クアルコムのCristiano Amon(クリスティアーノ・アモン)総裁は同社の「Snapdragon Tech Summit」で、コンピューティング製品、Wifi製品に用いられる半導体をファーウェイ向けに出荷する許可をアメリカ政府から取得したことを発表した。

これに先立ち11月14日、クアルコムのスポークスマンは、4G製品を含む一部の製品をファーウェイに供給する許可を取得したと述べている。過去数カ月間、ファーウェイのスマホ向けに半導体を供給するべく、クアルコムは米政府に強く働きかけてきた。

ファーウェイは今年7月にクアルコムと特許紛争で和解し、長期の特許契約を締結し、和解と今年上半期の特許契約費用として18億ドル(約1870億円)を一括で支払っている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録