テスラ、上海ギガファクトリーで「モデル3パフォーマンス」の生産を開始

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テスラ、上海ギガファクトリーで「モデル3パフォーマンス」の生産を開始

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)は上海市のギガファクトリーで、標準モデル「スタンダードレンジプラス」と長航続距離モデル「ロングレンジ」の大量生産に続き、高性能モデル「モデル3パフォーマンス」の生産を開始するという。

現在、テスラは高性能バージョン「モデル3」を中国工業情報化部(工信部)に登録・提出すると同時に、同モデルに使用される「Zero-G」ホイールと新型ヘッドライトも登録した。テスラ中国の公式サイトによると、中国産モデル3パフォーマンスは2021年第1四半期から納入を開始するとのこと。

公式サイトによると、中国産モデル3パフォーマンスの販売価格は41万9800元(約667万円)から。上海ギガファクトリーでは現在モデル3のスタンダードレンジプラス・アップグレード版(後輪駆動)とロングレンジを生産している。補助金を受けた後の実際販売価格は、スタンダードレンジプラスが24万9900元(約397万円)、ロングレンジが30万9900元(約492万円)となっている。

テスラギガファクトリーでは、中国産モデル3パフォーマンスのほか、モデルYの生産計画も進められている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録