クアルコムに続き台湾半導体メーカーも、Honorへのチップ供給再開へ米商務省と協議

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

クアルコムに続き台湾半導体メーカーも、Honorへのチップ供給再開へ米商務省と協議

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

現在、台湾半導体メーカー「メディアテック(MediaTek;聯発正)」の法務部門と米国商務省との間で、ファーウェイ(華為技術)から分離したスマートフォンブランド「Honor(栄耀)」へのチップ供給についての意見交換と評価が行われているという。

先日、米クアルコムも現在Honorと協議を行い、順調に進展していることを発表しており、両社は提携合意間近だと伝えられている。Honorとファーウェイが袂を分かって以降、ファーウェイ系全体のODM(受託設計・製造)の受注が増加し、Honorもサプライチェーン関係を再構築中だとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録